• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版
  • ディエンビエンフー ベトナム北西部地域の新しい観光の中心地

    70年前、「五大陸に輝き、大地を揺るがす」歴史的勝利(1954年5月7日~2024年5月7日)により、ディエンビエンフーの名は世界地図に輝かしく登場しました。現在、ディエンビエン省ディエンビエンフー市は、歴史・文化・スピリチュアルツーリズム、エコツーリズム、自然・リゾート観光、エンターテイメント、ヘルスケアに強みを持つベトナム北西地域における新興の観光中心地として知られています。
  • ホアビン省のムオン文化を探訪

    ハノイ市の南西約70キロメートルにあるホアビン省は、ムオン族が暮らす「叙事詩の地」として知られています。ここのムオン族は何世代にもわたって、豊かでユニークな文化的宝物を創り出し、ベトナム民族の文化的アイデンティティーを豊かにすることに貢献してきました。
  • バックソン山塊の「宝物」

    バックソン山塊のユニークな考古学的、歴史的、文化的、地形学的、地質学的価値は科学者にとって「宝」であるだけでなく、ランソン省が将来の世界ジオパークを中心に観光を開発させるための「鍵」とも考えられています。
  • 北西部高地で宗教において輝きを放つ地区

    2022年、ベトナムは国連人権理事会の理事国に選出され、今回で2度目(初回は2013年)となりました。人権理事会のメンバーに選出されたことは、高地の人々の宗教問題を含むあらゆる分野の人々の権利をより確実に保障するためのベトナムの政策、努力、成果が国際社会に認められたことを示しています。
  • チャンアン: 驚異の目的地

    世界の観光世論調査で常に表彰されているチャンアン(ニン・ビン省)の世界文化自然遺産は、その独特な文化的価値、精神的な変容と雄大な自然により、国内外の観光客にとって新たな目的地となっています。

モック・チョウ  アジアを代表する自然の観光地2023

最近、ワールド トラベル アワード 2023アジア・オセアニア地域で、モック・チョウ国立観光区が「ベトナムを代表する自然の観光地」および「アジア地域を代表する自然の観光地2023」として栄誉を獲得しました。
ソントゥタイ島の春の色

ソントゥタイ島の春の色

ソントゥタイ島村(カインホア省チュオンサ島地区に属する)の軍と住民は、本土からの訪問者を歓迎する準備を熱心に行います。嵐の真っ只中においても、この地の軍隊と人々は今も頑固に抵抗し、祖国の海と島々の主権をしっかりと守っています。
ミンティエン ベトナムコーヒーグループ 循環経済モデル適用のパイオニア

ミンティエン ベトナムコーヒーグループ 循環経済モデル適用のパイオニア

ミンティエンコーヒーグループの循環経済モデルに従って生産および加工されたコーヒー製品のシミュレートモデルは、2020年世界博覧会のベトナム出展者の注目の的となりました。

チュオン・タイン・トゥン博士 社会に貢献する科学者

「私が医師だったら患者一人一人を治療し、製薬研究者として新薬を開発できれば社会全体の役に立てると考えました」とフェニカ大学(ハノイ)薬学部新薬研究グループ長のチュオン・タイン・トゥン博士が語りました。そのような考えのもと、トゥン博士と彼の同僚は社会にとって有意義な多くのプロジェクトを実施してきました。

Top