22/02/2021 11:13 GMT+7 Email Print Like 0

チョン・ビン・チョン元副首相の弔問式

 21日午前、チュオン・ビン・チョン元副首相の弔問式がチョン氏の故郷である南部ベンチェ省とハノイで同時に行われました。
チョン・ビン・チョン元副首相の弔問式 - ảnh 1チュオン・ビン・チョン元副首相の弔問式
ベンチェ省では、グエン・スアン・フック首相、グエン・ティ・キム・ガン国会議長、ダン・ティ・ゴック・ティン国家副主席、ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のチャン・タイン・マン議長を始め、党と国家の指導者・元指導者ら多数が弔問に訪れ、記帳をしました。
記帳で、フック首相は「チュオン・ビン・チョン元副首相は50年以上で、党と国家の革命事業に多大に貢献してきた。チョン氏の死去は、親族や、友人、国民の大きな損失となっている。」と書きました。
一方、ハノイでは、中央レベルの各機関・部門及び北部各地の行政府、そして、ハノイに駐在する各国大使館の代表団は弔問に訪れ、記帳をしました。
なお、チュオン・ビン・チョン元副首相は1942年に、南部ベンチェ省ジョントム県で生まれました。彼は2006年から2011年まで元副首相を務めたほか、第7期から第10期までの党中央執行委員会委員、第9期と第10期の党中央書記局員、第10期党政治局員、党中央内政委員会委員長などを歴任してきました。
チョン元副首相の葬儀は国家レベルの儀式で行われ、ファム・ビン・ミン副首相兼外相が委員長を勤める国家葬儀委員会が担当します。告別式(追悼式)は翌日の22日午前9時にベンチェ省人民委員会のホールで行われます。埋葬式は同日午前11時に、ベンチェ省の戦没者共同墓地で行われます。
ソース:VOV