• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

発見

コン・トゥム木造教会

タイ・グエン地域の各省の観光地図にはほとんどの観光客が訪れる場所があります。それはコン・トゥム市グエン・フエ通り13番地にあるコン・トゥム(Kon Tum)大聖堂という100年以上の歴史を持つ木造の教会で、ベトナムと東南アジアのカトリック建築の傑作に名を連ねるに値します。


19世紀半ばから、西洋の宣教師の足跡を追って、カトリックはコン・トゥム地域を含む中部高原に現れ始めました。当初、この国の礼拝所のほとんどは木、わらぶき、竹、葉で作られた小規模なものでした。その後、教徒の数が増えると、コントゥム木造教会などの大きな教会を整備・建設するようになりました。

歴史資料によると、コン・トゥムの木造教会はコン・トゥム教区を担当する司祭ジョセフ・デクロイユの指導の下、1913年3月中旬に建設が始まり、1918年初頭に完成しました。教会の建設は多くの困難を伴い、第一次世界大戦が勃発したために時々中断することさえありました。その前には良い労働者を雇って森に行って木を切り、象を使って運び下ろし、それからクアン・ナム省、クアン・ガイ省、ビン・ディン省などへ行き、構築が上手な職人を探すなど準備に三年もかかりました。


コン・トゥムにある築100年の荘厳で古代の美しさを持つ木造教会。

写真:タイン・ホア




コン・トゥム木造教会の鐘楼。写真:タイン・ホア




コン・トゥム木造教会の敷地内の静けさ。写真:タイン・ホア




コン・トゥム木造教会の敷地に通じる広くて長い廊下。写真:タイン・ホア




先住民のバ・ナー族の伝統的な家のように見える高く傾斜した瓦屋根。

写真:タイン・ホア



百年以上も雨風を経た今も安定し、古き時代の美しさを保つ木造の教会。

写真:タイン・ホア




見事な彫刻で飾られているコン・トゥム木造教会の正面玄関。写真:タイン・ホア




コン・トゥム木造教会を訪れ、記念写真を撮る観光客。写真:タイン・ホア




上から見たコン・トゥム木造教会のパノラマビュー。写真:コア・チュオン


木造教会と呼ばれるのは、中高地の山や森に豊富にある貴重なカ・チット材が主な材料であるためです。柱、トラス、床まですべての構造物は木でできており、釘を使わずにほぞ継ぎで接合されています。天井、壁、壁には鉄筋コンクリートやモルタルを一切使用せず、中部ベトナムの伝統的な家屋のスタイルで、土の材料にわらを混ぜた漆喰を塗っています。

この件の説明は1913年にパリ外国宣教会に送られた教会建設の最初の段階での報告書の中にグランジオンの代表司教によって次のように書かれています。「建設用レンガのような石を使わずに、木材だけで高品質に建設され、建築家はバ・ナー地域にあるこの教会は大聖堂のように見えると言いました」

一般的に、コン・トゥムの木造教会はローマの建築と先住民のバ・ナー族の高床式住居の様式を組み合わせて設計されています。これは西洋文化とタイ・グエン地域の民族的アイデンティティの組み合わせの集大成と考えられています。

外から見ると建物は高く、年代を経た木と瓦によって黒く暗い色で荘厳さが際立つ建物です。教会の正面中央には高さ24メートルの4階建ての鐘楼があり、建物全体の調和とバランスを保っています。両翼の廊下は広くて長く、屋根はバ・ナー族の家の屋根のように高く傾斜しており、丸い木の柱でしっかりと支えられています。

大聖堂の内部は天井が長く、高く、風通しの良い、光に満ち溢れたドーム構造を持つ別世界のようで、訪れた人はその壮大で煌びやかな素晴らしさに圧倒されます。



コン・トゥム木造教会の大聖堂の壮大で煌びやかな美しさ。写真:タイン・ホア



コン・トゥム木造教会の貴重な木造の柱の構造。写真:タイン・ホア



支柱とアーチ型の窓フレームとの調和がとれた洗練された組み合わせ。

写真:タイン・ホア



煌びやかなステンドグラスの窓に飾られた聖書の物語。写真:タイン・ホア


ステンドグラスの窓に美しく煌びやかに描かれた古代の中央高地の生活。

写真:タイン・ホア



煌びやかで荘厳に設計された聖域。写真:タイン・ホア



教会の聖域にあるマリアとイエスの彫像。写真:タイン・ホア



大聖堂に置かれた聖人の像。写真:タイン・ホア



ベトナムで使徒継承司教を務め、コン・トゥム教区で啓蒙活動をした

エティエンヌ・テオドール・クエノット・テー司教の写真(1802-1861)。

写真:タイン・ホア



大聖堂のメインドームを支えているユニークなデザインの木製トラス。

写真:タイン・ホア



コン・トゥムの木造教会はコン・トゥム地域のカトリック教徒の重要な宗教的聖地。写真:タイン・ホア


コン・トゥム木造教会に並ぶゴング。写真:タイン・ホア


 

信者の席から見上げると、聖域は見事なドーム型の浮きステージとして設計されており、神聖な場所の威厳と崇高な感覚を作り出しています。

教会のデザイン、彫刻、装飾、配色などの細部は非常に洗練されており、当時の職人の熟練度を証明していると言えます。大聖堂の中央、正面玄関の真上、光と装飾の両方の聖域の反対側に、真っ直ぐに輝く太陽の象徴として非常に大きな円形のステンドグラスの絵が置かれ、当時の芸術家が非常に巧みで繊細であったことを示す非常に興味深い細工があります。外からはそのガラスの絵に何が描かれているのかを想像するのは難しいですが、内部からは光の反射を通して、村、共同住宅、材木を引っ張る象、川や小川などの古代中央高地の生活が鮮やかに美しく描かれているのを見ることができます。

この大聖堂の美しさについて、コントゥム木造教会を発足させたジャニングロス司教は1918年にパリ外国宣教会に宛てた手紙の中で次のように書いています。「これは木材で建てられた、広々とした貴重な建物で、7年前に焼失した古い竹の教会を建て替えました」


100年以上も風雨にさらされてきたコン・トゥム木造教会は時間の経過とともに堅固さを増し、その古風な感じと類まれな煌びやかさによりますます美しくなっているようです。今日、コン・トゥムの山間の町にあるコン・トゥム木造教会を訪れると、ベトナムの27のローマカトリック教区の一つであり、中央高原で最も古いコン・トゥム教区の大聖堂の歴史について学ぶだけではなく、ベトナムや東南アジアにおける木造のカトリック建築様式の傑作を見ることができます。

文、写真:タイン・ホア

広南阮主と皇帝の権威を示す宝物

広南阮主と皇帝の権威を示す宝物

フエ宮廷美術博物館に所蔵されているフエ宮廷の国宝の中で青銅の大釜、9つの鼎、9門の大砲は最も巨大で洗練された青銅の工芸品と見なされています。これらの三種の宝物群は広南阮主と皇帝の権力、威厳、長寿を表しています。


Top