27/03/2019 11:25 GMT+7 Email Print Like 0

Gau Tao(ガウタオ)祭り

ラオカイ省のサパー地域に春が訪れると、すべての村や山に雲が発生する。サンサーホー(San Sa Ho)町のモン族の人たちはガウタオ祭りに参加する。昔、ガウタオ祭りは1つの家系の祭りであった。現在のガオタオ祭りは、子宝と豊作を願う意義がありホアンリエンソン地域の共同の祭りである。
サーパー地域の人たちの口伝によると、モン族の夫婦は年間子ができないと、夫は丘に登り、丘の神に子宝を祈願する。3〜5年間の間に子供ができると夫婦は親戚を招き、神への感謝を込めてガウタオ祭りを執り行う。
その後のガウタオ祭りは共同体の祭りになる。今のガウタオ祭りは子宝を願い、村民の家内安全と健康、豊作と幸運を祈願する。


ホアンリエンソン地域のガウタオ祭りに参加するモン族。撮影:チョン・チン(Trong Chinh)


サンサーホー町の棚田で行われるガウタオ祭り。撮影:チャン・ヒエウ


ガウタオ祭りでは、山の神、森の神を迎えるために、角笛を掛け、吹き、幸福な生活を望んで、トウモロコシ、麦の束を掛ける。撮影:タット・ソン
 

ガウタオ祭りに参加する子供たち。撮影:ヴィエット・クオン


ガウタオ祭りでの、子供たちの傘の踊り。撮影:チョン・チン


伝統舞踊を見るモン族の子供たち。撮影:チャン・リン(Trang Linh)
 

竹渡競技に参加する子供たち。撮影:チャン・ヒエウ 


棒登りに参加するモン族の子供たち。撮影:トン・ティエン
ガウタオ祭りは芦笙の舞り、棒登り、棒踊り、武術コンテスト、歌などの多様な文化活動がある。観光客たちは声援する。雰囲気は賑やかになり夜は、男性は女性に笛を吹くことで愛情を表現する。
文、写真:ゴールデン瞬間クラブ