19/11/2021 11:18 GMT+7 Email Print Like 0

APECへのベトナムの積極的、主導的かつ責任ある貢献

APECサミットウィーク2021の活動の一環として、グエン・スアン・フック主席とベトナム代表団は第28回APEC経済首脳会議、APEC各国指導者たちとアドバイザリーカウンシル(ABAC)間の対話、APECビジネスサミットなど、APECの主要な活動に積極的に参加しました。同時に、ベトナムの外務大臣と経済大臣はAPECの閣僚会議にも出席ましした。
 

APECビジネスサミット2021は11月11日から12日までの二日間、オンラインと対面方式の組み合わせでオークランド市(ニュージーランド)で開催されました。

APEC2021はニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相が議長を務め、会議は順調に進みました。ベトナムのグエン・スアン・フック主席はこの会議とシニアウィークの多くの会合に出席しました。


2021年はベトナムが社会経済開発計画2021-2025を実施し、包括的かつ広範な国際統合の段階に移行する最初の年です。グエン・スアン・フック主席が第28回APECサミットウィークに出席することで、多国間活動全般、特にAPECにおけるベトナムの地位の向上に貢献し、ベトナムがその役割を促進し、2040年までのAPECビジョン実施計画の策定過程において積極的かつ効果的に貢献するのに役立ちます。

ベトナムのイニシアチブと提案はAPEC文書に反映されている


フォーラムには現在、世界経済をリードする米国、中国、日本などを含む21の加盟国が参加し、 主要経済国(G20)の9か国と多くの新興経済国で世界人口の約38%を占め、GDPの61%および世界貿易の47%に貢献している。
ダン・ホアン・ザン副外相はAPECサミットウィーク2021の結果と、ベトナムの地域イベントへの提案と貢献についてマスコミに語りました。ダン・ホアン・ザン副外相によると、今回のベトナムの明確なメッセージは、APECが引き続き声のある地域フォーラムであり、新型コロナ感染症の流行を克服し、迅速かつ持続的に発展するために多国間主義、多国間協力を促進する役割を果たし、経済が地域及び世界経済の発展の原動力であり続けることを確認しています。

ベトナムからのメッセージは各国首脳の意見と非常に一致しています。つまり、パンデミックを乗り越えるために、まずワクチンを共有し、ワクチン、医療物資、資源を公平に利用できるようにすることであり、疾病予防を強化するためのさらなる措置を提案しました。



オンライン形式で開催された第28回APEC経済首脳会議に出席するグエン・スアン・フック首相。写真:トン・ニャット/ VNA 


オンライン形式で開催された第28回APEC経済首脳会議。写真:トン・ニャット/ VNA


ハノイでスピーチをするグエン・スアン・フック主席。写真:トン・ニャット/ VNA 


第29回APEC年の開催権をタイに引き渡すニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相。写真:トン・ニャット/ VNA 


発展のために、経済回復における新しいビジョンとアプローチとして、デジタル経済の促進、電子商取引の促進、貿易による自律性の促進、生産とビジネスの回復と生産チェーンの混乱を避けるための貿易障壁の除去などの非常に新しい措置を提出し、APECに検討するよう求めました。
またその過程で、ベトナムは不利な立場にあるグループ、中小企業を支援し、注意を払うよう加盟国に求めました。


イベントにはアジア太平洋地域の主要企業の指導者の代表約4,500人が出席した。ベトナム社会主義共和国のグエン・スアン・フック主席、ニュージーランドの首相、オーストラリアの首相、インドネシアの大統領、韓国の大統領、ペルーの大統領、シンガポールの首相。タイの首相、ドイツの首相などが今年の会議の名誉ゲストとして招かれた。
次に、アジア太平洋地域だけでなく世界も気候変動の影響と課題に苦しんでいる状況において、重要なことはグリーン成長を確保することです。
したがって、ベトナムの提案は気候変動に関するコミットメントを出すだけでなく、APECが促進するグリーン成長、包括的成長への協力の強化にも貢献します。


最後のそして最も重要なことは、2040年までのAPECビジョンの効果的な実施です。ベトナムはこのビジョンを作成する上で重要な役割を果たした国の一つです。
また、ダン・ホアン・ザン副外相によれば、ベトナムのイニシアチブと提案はすべて、APEC首脳声明、APEC閣僚声明、APECビジョン2040を実施するための行動計画を含むAPEC文書に反映されています。これは、APECの結束の構築と強化において先進的かつイニシアチブをとっているベトナムが、平和で安定したアジア太平洋地域への協力をさらに強化するために非常に責任ある積極的かつ主導的な貢献をしていることを表しています。   

ベトナムはAPECの積極的なメンバー
ベトナムは1998年11月15日にクアラルンプール(マレーシア)で開催された第10回APEC経済外相会議で、アジア太平洋協力フォーラム(APEC)の正式な加盟国になりました。フォーラムの発展と拡大をもたらし、APECは加盟国数21の経済圏となりました。
これは、開放性、多様化、多国間化、国際経済統合というベトナムの外交政策の実施における重要なマイルストーンです。
APEC地域はベトナムの安全保障と発展にとって重要かつ戦略的な重要性を持っています。
ベトナムが批准を実施・交渉・保留している17の自由貿易協定(FTA)のうち13はAPEC加盟国とのものです。その中で、APECに加盟している20か国のうち17か国がベトナムのFTAパートナーです。
APECに参加してから約23年間、ベトナムはAPECフォーラムに積極的かつ積極的に貢献し、アジア太平洋における主要な経済連携メカニズムであるAPECの役割を維持し、地域の平和、安定、協力、地域経済連携の促進に貢献してきました。


ハノイ時間の2021年11月11日朝、グエン・スアン・フック主席はAPECビジネスサミット2021で講演した。同会議は2021年11月12日から11日まで、ニュージーランドのオークランド市でオンラインと対面の組み合わせの形で2日間開催された。
APECビジネスサミット2021で講演するグエン・スアン・フック主席。写真:トン・ニャット/ VNA



ハノイからオンライン形式で開催された第28回APEC経済首脳会議に参加するグエン・スアン・フック主席とベトナム代表団。
写真:トン・ニャット/ VNA



最も顕著なのは、ベトナムが2006年と2017年の2回APEC議長国の役割を見事に果たした数少ない加盟国の一つであるということです。
ベトナムはまた、イニシアチブやプロジェクトの提案に最も積極的な国の一つで、幅広い分野の100を超えるプロジェクトを提案しました。


APECは30の戦略的パートナーのうち15の包括的パートナー、ベトナムの主要な経済および貿易パートナーが集まったフォーラムであり、貿易の77%以上、直接投資の81%近く、観光業の85%以上を占めている。
ベトナムによって提案された多くのイニシアチブ、特に包括的開発、デジタル時代の人材育成、国境を越えた電子商取引の促進、MSMEのグリーン、持続可能で革新的な食料安全保障と気候変動、農村と都市の開発などは適切で、共通の懸念に合致していると評価されてました。

それにより、ベトナムは主要なメカニズムや作業部会で多くの重要な地位を占め、APECの運営に多くの貢献をしてきました。

特に2016年から2018年にかけて、ベトナムはAPECとABACの18の委員会と作業部会の議長と副議長の役割を引き受け、加盟国から高く評価されました。

ベトナムはAPECビジョングループの副議長として、「人と繁栄:2040年までのAPECビジョン」と題されたAPECビジョングループの勧告報告書の作成と調整に積極的に参加しました。
APECへの協力におけるベトナム企業の役割もますます高まっています。ベトナム企業は積極的に参加、貢献し、APECの指導者や大臣に多くの提案をしています。

新型コロナ感染症の状況下、ベトナムはAPECの発展促進に積極的に参加、貢献し、サプライチェーンの混乱を回避し、輸出市場を確保するために、危機を克服するための経済的および財政的解決策の実施における経験の共有と政策の調整の促進や、困難な時期を乗り越え、新しい状況に適応する能力を向上させるために、企業や人々への支援措置の強化などの解決策を積極的に提案しています。


特に、ベトナムは現在、APECがワクチンの公平な供給への協力を約束し、ワクチンの平等で効果的かつ費用効果の高い流通とアクセスを確保することを推進している加盟国の一つです。同時に、集団免疫に向けてワクチンの生産と供給の規模を拡大するために、ワクチン生産技術の自主的な移転を約束するよう加盟国に呼びかけています。


文、写真:ベトナム通信社、ベトナムフォトジャーナル

他の記事