05/12/2021 17:09 GMT+7 Email Print Like 0

航空局、アフリカ10カ国からの航空便の運航停止を要請

先頃、ベトナム航空局は、交通運輸省に宛てた文書の中で、ボツワナ、エスワティニ、レソト、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ、マラウイ、アンゴラ、及び、ザンビアの10カ国からベトナム行きの全ての航空便の運航停止と、ベトナムに入国する前、30日以内にこれらの国を渡航したことがあった乗客の入国禁止を政府に提出するよう申請しました。 また、航空局は、交通運輸省に対し、新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」が検出された幾つかの国からの渡航者に対する医療検査を具体的に手解きすると共に、これら渡航者の全てに対して、ベトナムに入国した際、医療隔離措置を厳格に適用することを保健省に提案するよう申請しました。 ベトナム航空局によりますと、世界各国は、新たな変異ウイルス「オミクロン株」の感染拡大に全力を尽くしています。例えば、イスラエルは、全ての外国人に入国禁止を適用すると明らかにしました。欧州連合は、加盟27カ国に対し、南アフリカ諸国への渡航を自粛するよう勧告しています。アジアの多くの国も、同様の措置をとっています。 ソース:VOV