10/12/2021 11:01 GMT+7 Email Print Like 0

国際舞台におけるベトナムの地位と名声を再確認

11月3日(英国時間)、ファム・ミン・チン首相とベトナムの高官代表団は国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)への出席を成功裡に終えました。
今回の外遊は外交と国際統合の有効性の促進と改善の継続に関する第13回全国党大会の外交政策と、2030年までの多国間外交の促進と向上に関する事務局の指令25の実施を目的としています。

首相の英国への出張は予想以上に成功
ファム・ミン・チン首相はCOP26への出席とスピーチ、COP26に参加したいくつかの重要なパートナー国とのイニシアチブ発表イベントへの出席とスピーチに加えて、30以上の二国間会合に臨み、世界と英国の先端経済グループ、大学、主要組織のリーダーとの面談を行いました。


スコットランドのニコラ・スタージョン首相と会談するファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社



ベトナムと英国を結ぶ直行便就航の公表式に出席したファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社



2021年10月31日の午後、スコットランドのエジンバラでリバプール大学とヒューム大学の学長を迎えるファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社



2021年10月31日の午後、スコットランドのエジンバラでリバプール大学とヒューム大学の学長を迎えるファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社



ベトナムと英国の企業間の協力覚書の交換式に立ち会うファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社



レゴグループのニールス・B・クリスチャンセンCEOを迎えるファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社




ファム・ミン・チン首相は英国、米国、ドイツ、日本、カナダ、オーストラリア、インド、韓国、タイなどの国の指導者や国連事務総長、欧州委員会委員長(EC)、国際原子力機関事務局長(IAEA)などの国際機関のリーダーと20回以上の二国間会合を持った。

 
ファム・ミン・チン首相はまた政府、省庁、セクター、組織、国内企業と英国および国際的な企業、組織との30近くの協力協定の発足式、調印式、交換式に立ち会いました。

ファム・ミン・チン首相の二国間および多国間活動は独立、自立、平和、協力と発展、対外関係の多様化と多国間化、積極的かつ積極的な国際統合に関する党と国家の外交政策を実証することは、友人であり、信頼できるパートナーであり、国際社会の責任あるメンバーであり、協力と投資に大きな可能性を秘めた、ダイナミックで創造的で友好的なベトナムの姿勢を示しています。

それに応えて、多くの国際社会はベトナムの成果と協力の可能性を高く評価し、首相が述べた「Win-Win」の精神で、長期的かつ持続可能な方法でベトナムとの協力を望んでいることを確認しました。


ベトナムは気候変動への対応において積極的かつ積極的な役割を示す。
気候変動の状況は地球規模で非常に複雑かつ予測不可能であり、国際世論の大きな注目を集め、あらゆる国による緊急かつ真剣な調整と行動が必要です。
COP26は各参加国の気候変動対応プロセスを評価するために、1995年から現在まで国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の枠組の中で開催される年次国際会議である。
11月1日午後(英国時間)、ファム・ミン・チン首相は国連気候変動枠組条約第26回締約国会議( COP26)の枠組みの中で開催された気候サミットに出席し、初日に重要なスピーチを行いました。

会議で、各国首脳は地球規模での気候変動がますます深刻な影響を及ぼしていることに大きな懸念を表明し、人類が産業革命前のレベルよりも摂氏1.5度高い平均地球温度の上昇を維持するという目標を追求し続ける必要性を再確認しました。国際社会は今緊急の行動とより強力なコミットメント、そして現在の気候危機に対応するためにより多くの努力を必要としています。



2021年10月31日、グラスゴー(英国)で開催された国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)。
撮影:AFP/ベトナム通信社



国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)で開催された気候サミットに出席し、発言するファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社



国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)に出席するファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社

 

COP26会議に出席するファム・ミン・チン首相を歓迎する英国のボリス・ジョンソン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社


COP26会議に出席するファム・ミン・チン首相を歓迎する英国のボリス・ジョンソン首相と国連事務総長のアントニオ・グテーレス。
撮影:ベトナム通信社



COP26会議に出席するファム・ミン・チン首相を歓迎する国連事務総長のアントニオ・グテーレス。
撮影:ベトナム通信社



会議でジョー・バイデン米国大統領と会談するファム・ミン・チン首相。
撮影:ベトナム通信社



オーストラリアのスコットモリソン首相と会談するファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社



英国王子チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージと会談するファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社



欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長と会談するファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社



世界銀行のアレックス・ヴァン・トロツェンバーグCEOを迎えるファムミンチン首相。
 

ファム・ミン・チン首相はスピーチの中で「気候変動の悪影響が食料安全保障、水の安全保障、持続可能な開発に深刻な影響を及ぼし、さらには人々の生存を脅かしていることから、世界規模でより積極的に責任を持って、遅滞なくより強力な行動を今すぐ実行しなくてはなりません。これは地球規模の問題であるため、地球規模のアプローチが必要であり、これはすべての人に影響を与える問題であるため、全人類的なアプローチが必要です」と訴えました。

首相はまた、すべての行動は自然と人を中心としたものでなければならず、持続可能な開発の主題であり、且つ原動力であり、誰も置き去りにしないことが必要であると述べました。

ベトナム政府首相は共通だが差異のある責任の原則に基づき、各国の条件、状況、能力に応じて温室効果ガス排出量の削減に力を注ぐようすべての国に呼びかけました。

首相は気候変動対策資金、技術移転、能力開発がパリ協定の実施を成功させるために非常に重要であり、先進国に対し、既に約束した融資の履行と2025年以降のより高い融資目標を緊急に設定する必要があると述べました。



2021年11月1日の夜、スコットランドのグラスゴー(イギリス)でタイのプラユット・チャン・オ・チャ首相と会見したファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社



カナダのジャスティン・トルドー首相と会談するファム・ミン・チン首相。
撮影:ベトナム語



英国のボリス・ジョンソン首相と会談するファム・ミン・チン首相。
撮影:ベトナム通信社



2021年11月2日(現地時間)の午後、スコットランド(英国)のグラスゴーで日本の岸田文雄首相と会談するファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社



イベント「森林と土地利用に関する行動」で、森林と土地利用宣言への参加国と写真を撮るファム・ミン・チン首相。
撮影:ベトナム通信社
 

ジョン・ケリー気候変動担当大統領特使と会談するファム・ミン・チン首相。
撮影:ベトナム通信社


ベトナム政府首脳は、ベトナムは30年余り前から工業化が始まったばかりの開発途上国であるが、再生可能エネルギーに利がを生かし、温室効果ガス排出削減に向けた独自の強力な対策を講じるとの決意を表明しました。同時に2050年までに実質的な排出量ゼロを達成としたパリ協定に基づく仕組みの実施を含む、財政と技術移転の両面での国際社会、特に先進国の協力と支援を十分に実施するよう訴えました。

COP26には120を超える国の元首および首相を含む、197の条約締約国の指導者および代表者が出席した。
首相はベトナムが気候変動への対応と経済の発展、すべての人々のより良い生活の確保、そして国際社会との責任ある貢献の両方に多大な努力を払っていることを確認し、ベトナムは今後、投資および持続可能な開発プログラムやプロジェクトにおいて国際社会との協力を強化したいと考えていると述べました。

ファム・ミン・チン首相のスピーチは国際社会やパートナー国から高く評価されました。同時に気候変動の影響によって引き起こされる異常気象に対する回復力と適応性を高めるために、グリーン成長と循環経済を促進し、住民社会、特に脆弱なグループを支援するための措置を実施する際にベトナムと協力する意向を示しました。
ベトナム通信社/ベトナムフォトジャーナル
他の記事