06/05/2021 11:39 GMT+7 Email Print Like 0

国際舞台でのベトナムの強い印象とメッセージ

積極的かつ慎重な準備を行い、ベトナムは国連安全保障理事会議長の責任を立派に果たし、積極的で率先的かつ責任あるメンバーとして大いなる痕跡を残した。
ベトナムは今期二回目の栄誉ある国連安全保障理事会の交代議長を務めた。ベトナムは平和で繁栄した国を築き、信頼できるパートナーであり、国際社会の責任ある一員となるという強い願望を持って、独立、自治、多国間主義、多様性の外交政策に堅持し、国際統合を促進し、積極的に国連と安全保障理事会に貢献してきた。

国連安全保障理事会の議長を務めたグエン・スアン・フック国家主席は「衝突防止対策における信頼醸成と対話の促進を目指す国連と各地域組織との連携強化」と題されたハイレベル公開討論会で上記のことを言明した。



2021年4月19日の夕方(ハノイ時間による)ハノイで開催された
2021年4月の国連安全保障理事会において「衝突防止対策における信頼醸成と
対話の促進を目指す国連と地域内の各組織との連携強化」と題された
オンライン公開討論会の議長を務めるグエン・スアン・フック主席。
写真:トン・ニャット



「衝突防止対策における信頼醸成と対話の促進を目指す国連
と地域内の各組織との連携強化」
と題されたオンライン公開討論会に出席するグエン・スアン・フック主席と各代表。
写真:トン・ニャット



「衝突防止対策における信頼醸成と対話の促進を目指す国連
と地域内の各組織との連携強化」
と題されたオンライン公開討論会に出席するグエン・スアン・フック主席と各代表。
写真:トン・ニャット


3つの優先的なテーマ


2021年4月、ベトナムは「衝突防止対策における信頼醸成と対話の促進を目指す国連と各地域組織との連携強化」「鉱山とERWの影響を克服し、持続可能な平和の維持」「武力紛争における人々の生活に不可欠なインフラの保護」の三つをテーマにした討論会を開催した。

すべてのセッションは成功裏に行われ、参加率の高い国々の注目を集め、ベトナムが関心を持つ内容を推進するために重要な文書の通過させた。
国連、特に安全保障理事会は平和維持要員の安全を確保し、文民を保護し、持続可能な平和を促進するための措置を強化すべきである。


2021年4月の国連安全保障理事会議長として、4月27日の夜(ハノイ時間)、
ベトナムは直接およびオンラインの形で「人々の生活に不可欠な
インフラストラクチャの保護」についての閣僚レベルの公開討論会を開催し、
同討論会を主宰するブイ・タイン・ソン外相。
写真:ラム・クアン・ VNA



「人々の生活に不可欠なインフラストラクチャの保護」について閣僚レベルの公開討論会に
出席するブイ・タイン・ソン外相と各大使と大使館代表。
写真:ラム・クアン・ VNA



「人々の生活に不可欠なインフラストラクチャの保護」についてのベトナム閣僚レベルの公開討論会を
主宰するブイ・タイン・ソン外相と各代表。
写真:ラム・クアン・ VNA



ベトナムは安全保障理事会でASEANの唯一の代表として、ASEANの精神を表明し強調し、
国連事務総長のアントニオ・グテーレスに、外交による和解、紛争予防、国際平和構築における東南アジア区域の重要性を認識するよう促した。
グエン・スアン・フック国家主席は会議での演説で、国際関係における信頼と対話の重要性を強調し、紛争の予防と解決における地域組織と国連間の協力への努力を高く評価した。

ベトナムは平和、ダイナミズム、革新、主導的かつ積極的な統合を愛し、世界の平和、安全保障、開発にさらに貢献する気構えを持つ国について、国際社会に波及するメッセージを伝えたいと考えている。

共通の目標達成への努力

ベトナムが安全保障理事会の二回目の議長を成功裡に務めたことにより、ベトナムは国際社会において責任ある積極的なメンバーであるという強い印象とメッセージを残した。
ベトナムは常に国連の活動に貢献し、国連憲章と国際法を遵守し、多国間主義と世界の平和、国際安全保障、発展を維持する上で国連の中心的役割を促進したいと考えてきた。

ベトナムが議長国を務める安全保障理事会は、国際平和維持と安全保障などの国際的および地域的な平和と安全保障の問題を議論するための実務レベルの協議、国連と地域および準地域組織との間の協力、大量破壊兵器の反拡散、武力紛争における民間人の保護など30回近くの大使レベルの会合と数十の会合で多大な業務が続いている。同時に10以上の異なる文書を通過させ、そのうち4つの決議がコンセンサスによって通過した。


コンゴ民主共和国(DRC)の状況に関するオンライン討論会に出席した
国連安全保障理事会の各理事国代表。
写真:ヒュウ・タイン・VNA


2021年4月6日、安全保障理事会定期会合の討論を主宰し、
国際連合事務次長兼軍縮担当(UNODA)上級代表 中満泉氏の
シリアにおける化学兵器の問題に関する報告に耳を傾ける
2021年4月の国連安全保障理事会議長のベトナム。写真:Khac Hieu



2021年4月20日(現地時間)、ソマリアの選挙プロセスと治安状況に関する
非公式の国連安全保障理事会の相互対話セッションを主宰する
ダン・ディン・クイ大使、在国連ベトナム代表団団長。
写真:Khac Hieu



2021年4月27日(現地時間)、国連安全保障理事会において「人々の生活に不可欠な
インフラストラクチャの保護」について閣僚レベルでの議論を主宰する
ベトナムのブイ・タイン・ソン外相。 写真:ヒュウ・タイン



2021年4月28日(現地時間)、国連安全保障理事会はシリアの状況について話し合い
ダン・ディン・クイ大使兼在国連ベトナム代表団団長が討論会の議長を務めた。
写真:討論会に出席した国連安全保障理事会加盟国の代表。
写真:ヒュウ・タイン



2021年4月29日、米国ニューヨークで、2021年4月の国連安全保障理事会で
ダン・ディン・クイ大使兼在国連ベトナム代表団団長が各活動概括会議の議長を務めた。
この会議に出席した各国の大使を含む加盟国の
70人以上の代表者と国連オブザーバー。写真:ヒュウ・タイン



ベトナムは、安全保障理事会が検討し議論する事項についてのベトナムの見解を表明し、積極的、率先的かつ責任ある精神で安全保障理事会の一般的な活動に貢献してきた。国連憲章と基本原則、国際法の原則を遵守することを支持するベトナムの姿勢を明確に示している。
その過程で最も重要なことは、安全保障理事会のためにどの様に連帯と合意を得るかということである。

2021年4月の安保理議長としての役割を成功裡に果たしことにより、現在までの任期中に得られた経験、教訓、結果、国の地位と力、各省、委員会、関連機関の積極的な連携、上級指導者の関心と緊密かつ継続的な指導により、ベトナムは2020年から2021年までの残る8か月間、安全保障理事会の非常任理事国の役割を十分に成し遂げるであろう。

文、写真:ベトナム通信社、ベトナムフォトジャーナル

他の記事