11/05/2021 10:15 GMT+7 Email Print Like 0

党と国家は常に革命功労者に関心を寄せる

(VOVWORLD) - 南部ハウザン省の有権者との接触を機に、9日午後、チャン・タイン・マン国会副議長は、「人民武装勢力の英雄」という称号を持つレ・ヒエン・タイ軍医大佐の遺族を訪れました。

マン副議長は、タイ軍医大佐を始め、民族の解放事業に大きな貢献をした革命功労者に感謝の気持ちを示し、「党と国家は常に、革命功労者に関心を寄せている。これは、「水を飲むとき、水源を思う」という民族の良き伝統である」と明らかにしました。
なお、レ・ヒエン・タイ軍医大佐は、1937年にハウザン省で生まれ、15歳から革命運動に参加しました。彼は、これまで多くの重要なポストを歴任しました。