16/12/2017 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

ホアビン(Hoa Binh)省におけるゾー紙を作ることを勉強

ホアビン省におけるゾー紙を作る職業は古くから伝えられてきた。ムオン(Muong)族の人たちによると、これは祖先から伝わる伝統的な職業である。昔、ゾー紙は本や祈祷文のために使用された。現在、ホアビン省、スオイコーのゾー紙を作る村を観光することは観光客たちがホアビン省における人民の伝統的な職業を知るための機会である。
2013年、ゾー紙を愛好し、民族文化を保存する熱意で、チャン・ホン・ヌン女史は同僚たちと、ベトナムの伝統的なゾー紙を作る村を保存し、発展させる目的でゾー紙プロジェクトを実現した。
Zó Projectの中でゾー紙を作り方を見学することができる。ゾー紙プロジェクトの最初の実行は、Zó Projectはホアビン省、スオイコー村を訪問する行程を行った。数多くの観光客たちは同観光行程に参加した。



ムオン族の人民のゾー紙を作る原料-ズオン(Duong)木-ムオン族の人民のゾー紙を作る原料


ゾー紙の製造にはズオンの木の幹が使用される。


収穫されたズオンの幹は川に3日間浸ける。


 
加工される原料のズオン木の幹。


観光客に、ゾー紙の紙を漉き方を教えるホアン・ティー・ハウ女史。


ゾー紙を漉くアメリカからの観光客ステファニー・マルティネッリさん


観光客たちに
ゾー紙と葉、花間の結合製品を作る方法を教える職人。ここは、ホアビン省-スオイコー村のゾー紙を作る仕事場



ゾー紙を作る体験をする観光客。


ゾー紙の製造過程。


完成したゾー紙。

ゾー紙で作品を作る観光客のハビエル・ロドリゲスさん


二人のアメリカ人観光客が自分で作ったゾー紙の作品

私たちはスオイコー村におけるゾー紙生産工房を訪問した。この地域では約10人の職人がゾー紙を生産する。グエン・ヴァン・チュック職人は私たちに、ゾー紙の漉き方を教えた。
伝統的なゾー紙を作る方法を発見した後に、私たちはZó Projectプロジェクトのメンバーたちにより、ゾー紙で作られる製品を作る方法を紹介され、教えられた。
Javier Rodriguerアメリカ人の観光客によると、彼はベトナムにこの5年間に住む。彼はベトナムの伝統的な職業を発見することに興味を持つ。この行程に参加するとき、彼はスオイ・コー村の人民たちの生活を発見し、ゾー紙を作る方法を勉強するチャンスがある。
ホア・ビン省、スオイ・コー村を訪問する行程は観光客たちの面白い行程である。


Zó Projectプロジェクトとホアビン省-スオイコー村のゾー紙の生産仕事人達は、伝統的なゾー紙で様々な製品を作った。

ホアビン省-スオイコー村のゾー紙工房で作られるた耳飾り


ゾー紙で、作られた手帳


ゾー紙に描かれた絵。


ゾー紙で、作られた扇


ハノイ、チャン・フー(Tran Phu)通りにおいて、Zó Project プロジェクト、スオイ・コー村の人民たちのゾー紙で、作られる製品を発見する観光客たち。

ゾー紙は13世紀から作られ始め、絵画のドンホー村やランシン村などのベトナムの伝統的な工芸村と関係する伝統手工芸品である。ズオンの木はスオイコー村のゾー紙の原料である。
観光行程を開催する携帯電話番号:レー・ホン・キー(Le Hong Ky):01684.329.379 - Email: zoproject.edu@gmail.com
経費:1人当たり60万ドン
 
文、写真:タット・ソン(Tat Son)