12/08/2015 16:05 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・マレーシア協力関係の新時代

8月7日、ベトナム・マレーシア戦略的なパートナーシップに関する共同の宣言に調印した後、ナジブ・ラザク首相は「ベトナム・マレーシア間の友好関係をベトナム・マレーシア戦略的なパートナーシップに向上させることに対するベトナム・マレーシア間の指導者たちの決定は両国間の新時代を作り出しました。」と言った。
8月7日から8日までのグエン・タン・ズン首相のマレーシア公式訪問の特別な公務は両国が友好関係を戦略的なパートナーシップに向上させることである。このことは両国間の全面的な信頼・協力関係の結果である。
それで、今回の訪問後、両首相は政治、安全・国防、経済などの分野に協力することに決定した。その内、石油、ガスの開発、電子製品の生産、家庭用品、食品加工などの分野における協力の促進である。両国は海上、海洋の問題を解決するために、外交大臣協力規制を設立し、水産物の密漁防止のためにホットラインを設立し、境界地域の巡視について、意見が一致した。


 


グエン・タン・ズン首相を歓迎するナジブ・ラザク首相。
撮影:ドゥック・タム-ベトナム通信社



グエン・タン・ズン首相とナジブ・ラザク首相間の会談の模様。
撮影:ドゥック・タム-ベトナム通信社

グエン・タン・ズン首相とナジブ・ラザク首相の会談の様子。
撮影:ドゥック・タム-ベトナム通信社


両国がベトナム・マレーシア間の友好関係を戦略的なパートナーシップに向上させることに対して、喜びの意を表すグエン・タン・ズン首相とナジブ・ラザク首相間。撮影:ドゥック・タム-ベトナム通信社
マレーシア下院議長と会見するグエン・タン・ズン首相。撮影:ドゥック・タム-ベトナム通信社

対話に出席するアセアン経営者クラブのメンバーたちとマレーシアの大きなグループの代理たち、グエン・タン・ズン首相。撮影:ドゥック・タム(Duc Tam)-ベトナム通信社

 

地域と国際の問題については、両首相はアセアン諸国間の団結、統一を促進し、アセアン地域、アセアンが2015年末に、アセアン共同体を公式に樹立する過程において、それぞれの国の利益に関する安全問題におけるアセアンの中心的な役割を維持することについて意見が一致した。

東海問題については、双方は関連する側は国際法律、国連海洋法条約(UNCLOS)に基づき、平和的対話を通し、東海における問題を解決し、海上行動宣言(DOC)に従い、行動規範(COC)の形成に努力し、地域における航海の安全、安寧、平和の維持に積極的な貢献を果たすことについて意見が一致した。
ズン首相はマレーシアが東海に主権を宣言する国家として積極的な貢献を果たし、立場を表わすことを高く評価した。
両国首相はCIMB銀行の原則に関する許可書、労働分野に関する協力契約、Petro Vietnam グループとPetronasグループ間の協力契約の調印式に出席した。


 
文、写真:ベトナム通信社・ベトナムフォトジャーナル
他の記事