25/03/2016 16:26 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・タンザニア・モザンビーク共和国・イラン間の関係の新たな発展

2016年3月9日から15日まで、チュオン・タン・サン(tるおんgタンSang)主席はタンザニア、モザンビーク共和国、イランを公式訪問した。同訪問は経済、貿易分野をはじめ、ベトナム・タンザニア・モザンビーク共和国・イラン間の協力関係の新たな発展を促進することに貢献を果たした。
同訪問においては、チュオン・タン・サン主席とタンザニア、モザンビーク共和国、イランの指導者とともに、双方経済・貿易関係を促進する方法について、意見交換をし、2020年に、タンザニアの指導者とベトナム・タンザニア貿易金額を10億米ドルに増すことについて意見が一致し、モザンビーク共和国の指導者とベトナム・タンザニア貿易金額を5億米ドルに増すことについて意見が一致し、イランの指導者とベトナム・タンザニア貿易金額を20億米ドルに増すことについて意見が一致した。

ベトナムのタンザニア・モザンビーク共和国・イランへの主な輸出製品は米、農産物、海産物、衣服、靴を含む。ベトナムはタンザニアのカシューナッツ、家畜の食べ物、綿を輸入し、モザンビーク共和国の綿、廃棄物の鉄、木材の製品を輸入し、イランの肥料、設備、機会、プラスチックの原料を輸入する予定である。


チュオン・タン・サン主席を歓迎するJohn Magufuli タンザニア大統領。撮影:グエン・クアン(Nguyen Khang)-ベトナム通信社


ベトナム・タンザニア企業フォーラムに出席するチュオン・タン・サン主席。撮影:グエン・クアン(Nguyen Khang)-ベトナム通信社

同訪問はベトナムの指導者とタンザニア指導者、イラン指導者、モザンビーク共和国の指導者は国際問題、東南アジア、中東地域問題、テロ、気候変化などの全世界の問題を解決する決心について、意見交換をするチャンスである。
タンザニア・モザンビーク共和国・イランの指導者は東海における主権競争問題が地域と世界の平和、安定に消極的な影響を与えることを認識した。

タンザニア・モザンビーク共和国・イランは平和な方法、対話を通じて、国際法律に基づいて、東海における主権競争問題を解決することを支持する。


歓迎式において整列した軍隊の護衛兵を閲兵しているFilipe Jacinto Nyusiモザンビーク共和国大統領とチュオン・タン・サン主席。撮影:グエン・クアン(Nguyen Khang)


チュオン・タン・サン主席を歓迎するマプト市民たち。撮影:グエン・クアン(Nguyen Khang)-ベトナム通信社
 
アフリカと中東の訪問においては、ベトナムとモザンビーク・イラン・タンザニア間の協力関係を促進するために、教育、銀行、石油などの分野における数多くの文書、契約は調印された。



新聞記者のインタビューに応じるチュオン・タン・サン主席とHassan Rouhani イラン大統領。撮影:グエン・クアン(Nguyen Khang)-ベトナム通信社


Ali Khamenei イラン・イスラム共和国の最高指導者と会見するチュオン・タン・サン主席。

同訪問は短い時間に行われたのに、大きな結果に達した。同訪問の成功と調印された協力契約はベトナムとのタンザニア・モザンビーク共和国・イラン間の関係の新たな発展を表現する。
文、写真:ベトナム通信社・ベトナムフォトジャーナル
他の記事