04/03/2016 10:44 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムは東海上の形状改造行為、軍事化、東海状況複雑化の行動を防止することを要求

2016年2月15日、国際連合安全保障理事会は「国連の憲章を尊重すること-国際の平和と安全の保障を維持するための重要な要素」と題されたセミナーを開催した。グエン・フオン・ガー在国連ベトナム派遣団団長はベトナムは東海上の改造行為、軍事化、海状況複雑化の行動を阻止に関するスピーチをした。
セミナーを開幕で、潘基文国際連合事務総長は、成功のほかに、世界は数多くの困難に直面し、国際人道律、国際人間律の基盤的な価値は尊重されない。
潘(ハン)国際連合事務総長は、各国がこのことを早く認識し、防止策を遂行し、困難、危機の解決を援助する国連の役割を強調した。

潘基文国連総長によると、国連の活動の方針は国連の憲章の精神に従って、協力、明白、国家の主権を尊重することに基づく。


グエン・フオン・ガー在国連ベトナム派遣団団長。撮影:ベトナム通信社

グエン・フオン・ガー在国連ベトナム派遣団団長と潘基文国際連合事務総長。撮影:ベトナム通信社

会議で発表するとき、グエン・フオン・ガー女史は、国際の平和、安全を維持し、人権の保護に対する国連の憲章の重要な意義を強調し、国連の憲章の基盤的な規則の価値を強調する。同時、ガー女史は国連がそれぞれの国家の歴史、文化、政治、経済、社会などの特徴を尊重し、国連の憲章の基本的な原則を守り促進することを提出する。
ガー女史によると、国連がこの紛争を解決し、防止する役割を発揮することは必要である。ガー女史は地域の安全を保障し、東海における複雑な状況、地域における環境、平和、安寧、安定に悪い影響を与え、島に不法に建造物を建てるなど、行動の拡大を防止することに対して、アセアン共同体の役割を強調する。

ガー女史は関連する国家が東海における状況を複雑化し、国連の憲章、国際法律、1982年の 国連海洋法条約に基づいて、平和的な方法で、紛争を解決し、DOC=海上行動宣言を実質的に実現し、COC海上行動規範を早期に作成することを提出した。



ベトナムのチュオンサー群島に属するチュータップ島に、中国が不法に建設した建造物。撮影:Reuters/ベトナム通信社

韓国で行われた中国により不法に建設された人工島の建設についての写真展。撮影:ベトナム通信社
ベトナムのホアンサー群島、チュオンサー群島の主権についての法的な歴史資料を陳列する展示会を訪問する外国人の学者。撮影:ベトナム通信社


クアン・ホアー(Khanh Hoa)省、カム・ラン(Cam Ranh)半島において、ガック・マー(Gac Ma)

同セミナーにおいては、各国は国連の憲章の基本的な原則の役割と目的が国際共同体の安全保障の建設について重要な要素であることを認めた。各国は独立、兵等、主権を尊重し、平和な方法で、競争を解決し、武力を使用しないことなどの重要な価値、競争を解決することを援助することに対する国連の重要な役割を強調した。 
文、写真:ベトナム通信社、ベトナムフォトジャーナル
 
他の記事