01/09/2016 11:24 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムはブルネイ、シンガポールと多くの協議を促進

2016年8月26日から30日まで、チャン・ダイ・クアン主席はブルネイ、シンガポールを訪問した。今回の訪問はベトナムとブルネイの関係およびベトナムとシンガポールの関係を強化し、各分野について協議し、実施を促進する。
同訪問で、ベトナムのチャン・ダイ・クアン主席はブルネイの国王・ハサナル・ボルキア、トニー・タン・ケン・ヤムシンガポール大統領、を会談し、李顯龍(リー・シェンロン)シンガポール首相と会談した。


ブルネイ・ダルサラーム国のイマン宮殿において開かれた、チャン・ダイ・クアン主席の歓迎式。
撮影:ニャン・サン-ベトナム通信社



歓迎式でのハサナル・ボルキア国王と皇后とチャン・ダイ・クアン主席と婦人。
撮影:ニャン・サン-ベトナム通信社


両国間の覚書の調印式に出席するチャン・ダイ・クアン主席
撮影:ニャン・サン-ベトナム通信社



ベトナム-ブルネイ企業フォーラムで発表するチャン・ダイ・クアン主席。
撮影:ニャン・サン-ベトナム通信社



ブルネイ-LNG会社を訪問するチャン・ダイ・クアン主席。
撮影:ニャン・サン-ベトナム通信社


 
ブルネイとシンガポールの指導者は同訪問が歴史的な印であると高く評価し、両国が協力関係を深める機会であると思う。そのため、今回、ベトナム、ブルネイ、シンガポールの各指導者は、政治と経済、貿易、国防と安寧、投資、文化と教育、交流などを強化させることを期待する。その中、経済、国防、石油、農業をはじめ、多くの分野の協議を実施し、促進する。

南シナ海地域の問題について、各国の指導者は海域における平和と安定を維持し、南シナ海地域における自由な航海の重要性を強調し、平和な方法で紛争を解決する。シンガポールはこの問題についてベトナムの意見に同意し、武力的な脅威を行なわず、1982年の海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)を含む国際法律、南シナ海における関連国の行動宣言(DOC )を実施し、南シナ海行動規範(COC)の早期策定を目指す。

ベトナムのチャン・ダイ・クアン主席を歓迎するシンガポール大統領。
撮影:ニャン・サン-ベトナム通信社



トニー・タン・ケン・ヤムシンガポール大統領と会談するベトナムのチャン・ダイ・クアン主席
撮影:ニャン・サン-ベトナム通信社



李顯龍首相(シンガポール)と会見するベトナムのチャン・ダイ・クアン主席
撮影:ニャン・サン-ベトナム通信社



シンガポール副首相と会見するベトナムのチャン・ダイ・クアン主席
撮影:ニャン・サン-ベトナム通信社



ゴー・チョクトンシンガポール
上級相と会見するベトナムのチャン・ダイ・クアン主席
撮影:ニャン・サン-ベトナム通信社


Lecture 38会談で発表するチャン・ダイ・クアン主席
撮影:ニャン・サン-ベトナム通信社

チャン・ダイ・クアン主席の発表は、特別に、シンガポール東南アジア研究所(ISEAS)が開催したLecture 38会談、(世界のトップの政治家たちが話し合うシンガポール法案)の前に発表された。

チャン・ダイ・クアン主席の発表は世界とアジア-太平洋地域の複雑な問題の中、維持的な発展を中心に集中して実施するというメッセージを伝えた。クアン主席の発表はASEANの中の協力を要求し、各加盟国の経済への協力、特に、ベトナムとシンガポールの協力を促進する。
 
文、撮影:ベトナム通信社/ベトナムフォトジャーナル
他の記事