24/05/2018 14:38 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの考古分野の1世紀後における成功

ベトナム考古分野により、この1世紀に、発見された300つの高貴物を含むハノイの国家歴史博物館における「ベトナム考古学高貴物」陳列空間は国内外の数多くの観光客の注意を引く。
前歴時代からレー・チュン・フン(Le Trung Hung)時代(17世紀~18世紀)における典型的な現物は見る人々に紹介された。

陳列した現物は前歴時代テーマからベトナム封建時代テーマに従って、陳列した。ベトナムの前歴時代における考古学の高貴物はベトナムの数多くの場所に発見された労働道具、石の服飾品、陶器を含む。

ベトナムの鉄器時代における考古学の現物は北部のドンソン文化中心、中部のサー・ヒュン(Sa Huynh)文化中心、南部のドン・ナイ文化中心にある。各現物はフン・ゲン(Phung Nguyen)文化、ドン・ダウ(Dong Dau)文化に属する石のビーズ、ブレスレット、イヤリング、タイン・ホア地域の銅の太鼓、ドン・ソン文化に属する銅鐘、銅斧、銅矢印、銅唐鋤、鍬、鎌などの現物を含む。


ハノイの国家歴史博物館に陳列した「ベトナムの考古学の高貴物」陳列空間。

「ベトナムの考古学の高貴物」陳列空間の一部。

タイン・ホア省、トォー・スアン(Tho Xuan)郡、サオ・ヴァン(Sao Vang)町に発見されたドン・ソン文化のサオ・ヴァン銅の太鼓を見る観光客たち。

チャウ・カン(Chau Can)古い墓は1,85メートルから2,32メートルの長さがあり、0,5メートルの直径がある。


ドン・ソン文化に属し、ハノイ、ドン・アン(Dong Anh)郡、コー・ロア(Co Loa)地域に、発見された2500年~2000年前における犁を見る観光客たち。


ドン・ソン文化に属し、ハノイ、バー・ヴィー地域、フー・トゥオン(Phu Thuong)町に、1973年に、発見された2500年~2000年前における銅の太鼓。

ラム・ドン(Lam Dong)省、カット・ティエン(Cat Tien)地域に、発見された8世紀~9世紀に出現した金のリンガを拡大鏡で、見る観光客。

サー・ヒュン文化はベトナムの鉄器時代における考古学文化中心の一つであり、2000年~3000年前に、存在する現地化文化である。サー・ヒュン文化に属する現物はクアン・ガイ省、サー・ヒュン地域に発見されたガラスビーズ、ビン・ディン省、ドン・クオム(Dong Cuom)地域に発見された墓、陶器のランプ、ガラスビーズを含む。

ドン・ナイ文化に属する現物はジオン・カー・ヴォー(Giong Ca Vo)遺跡で、1994年に発見されたブレスレット、石のイヤリング、瑪瑙のイヤリング、ガラスのイヤリング、ビーズ、リング、陶器の現物を含み、バリア・ヴン・タウ(Ba Ria-Vung Tau)省)ロン・ソン(Long Son)遺跡で、1994年に発見された一連の現物、ロン・アン(Long An)省のゴー・オー・チュア(Go O Chua)遺跡に発見された一連の現物を含む。
ビン・ズオン(Binh Duong)省、フー・チャン(Phu Chanh)地域において、発見されたドン・ソン(Dong Son)銅の太鼓は陳列した。

歴史的な考古学の数多くのベトナム現物はチャンパ文化、ミー・ソン(My Son)世界文化遺産の石の彫刻の作品を含み、3世紀~6世紀に出現したオック・エオ(Oc Eo)-フー・ナム(Phu Nam)文化に属する現物を含む。



ビン・ズオン(Binh Duong)省、ゾック・チュア(Doc Chua)地域に、1977年に、発見された、ドン・ナイ文化に属し、2500年前に出現した銅の動物の像

ドン・ソン文化に属し、ハノイ、ドン・アン郡、コー・ロアに、2500年前に出現した銅の矢、石の矢。


ハノイ、カウ・ジャイ(Cau Giay)地区に、1936年3月に発見され、1世紀~3世紀から存在する土器の家の模型。

フー・スイエン(Phu Xuyen)郡、ハー・タイ地域に1世紀~3世紀に、存在する銅瓶はドン・ソン文化の特徴を有する。


チャンパ文化の石の像。


ビン・ディン(Binh Dinh)省、タップ・マン(Thap Man)地域に発見され、チャンパ文化に属し、12世紀~13世紀に出現する獅子の像。


2011年に、ビン・ディン(Binh Dinh)省、タップ・マン(Thap Man)地域に発見され、チャンパ文化に属し、12世紀~13世紀に出現する石のギとしてのシヴァ神の像はインド文化に、最高の神である。


ラム・ドン省、カット・ティエン(Cat Tien)地域に、8世紀~9世紀に存在した石英のリンガ。
リンガはお供えである。


クアン・ナム(Quang Nam)省、ホイ・アン(Hoi An)旧市街、クー・ラオ・チャム(Cu Lao Cham)地域に、1997年~2000年に発見され、15世紀に出現したティー・バー(Ty Ba)瓶、貴族の女の人の像、鳳凰の形をしたポット(左側から)

封建時期における考古学の現物は飾り瓦(ニン・ビン(Ninh Binh)省、ホア・ルー(Hoa Lu)地域)、煉瓦などの現物を含む。特別に、タイン・ホア(Thanh Hoa)省のホー(Ho)時代の城、ハノイのホアン・タイン・タン・ロン(Hoang Thanh Thang Long)遺跡の現物は陳列した。
「ベトナム考古学高貴物」陳列空間は2016年から2018年2月まで、ドイツにおいて、成功に開催され、ドイツの人々の注意を引き、材料、現物を通じて、ドイツ人、欧州諸国の人々がベトナムの歴史、国、人間を理解することを助ける。現物を陳列する活動のほかに、ベトナム、ドイツ間の協力は学術研究、考古学発見、保管、教育、出版などの各分野に、行われた。

文、写真:コン・ダット、チャン・タイン・ザン