08/11/2019 14:17 GMT+7 Email Print Like 0

フンロ廷のハットソアン

UNESCOの「無形遺産」になった後、ハットソアンはフート省の「特産物」になった。特に、「ハットソアン」はフート省の人民委員会によって、宮廷フンロ廷において定期的に行われる。そのため、この宮廷遺跡はフート省を訪問に不可欠な観光地となった。
フンロ廷-特別な遺跡

フン王神社から東方へ10㎞にある古いフンロ村にあるフンロ廷は、文化、歴史の価値があり、300年前から生まれた。伝説によると、フンロ廷は神聖な土地で、フン王が回遊の時、泊まった場所であったという。そのため、ここの人々は神社を建てた。1697年のレー・ヒ・トン王の時、フンロ廷はギアリン山へ向かうことが決められた。

フンロ庭は面積が500㎡であり、貴重な木でできた完璧な建築で、時が経つのに昔からの建築、文化、歴史などの価値を保っている。


ハットソアンを聴く相応しいフンロ庭


観光客に紹介するハットソアンを演じるフンロ庭

フンロ庭でハットソアンを練習するソアンアンタイクラブの子供たち
 

ここは礼拝する儀礼などの礼拝の道具がまだ保存されている。特に、フン王のふるさととフン王の恩についての43の文が残っている。

建築の価値の他、フンロ廷は小さな博物館のように見なされる。昔からの貴重な現物と17世紀、ハウ・レ王朝からの物がここで保存される。

以上の価値を有するフンロ廷はフート省の人民委員会はフン寺を訪問するツアーの中でハットソアンを演じる場所であると選ばれた。


古いフンロ廷でを演じるハットソアン

2018年4月ベトナムのフート省の文化、スポーツ・観光局は「ハットソアン」というプログラムが特別な観光活動の一つであると発表した。


ハットソアンを聴く観光客


2015年、フート省はハットソアンがフート省の観光の発展の計画の観光活動の一つであることに決めた。


観光客に紹介するハットソアンのパフォーマンスの一つ


2018年、フート省はハノイとフート間のツアーの中で、「ハットソアン」というプログラムを紹介した。
 

300年前からの旧フンロ庭で、昔のハットソアンの故郷であるアンタイの人々が「ハットソアン」を演じることは観光客に深い印象を与える。

フート省の文化・スポーツと観光局によると、毎年、延べ数万人の観光客がハットソアン村を訪問する。その中、フンロ庭はイギリス、フランス、オランダ、アメリカなどの外国人の観光客が一番に選択した訪問先である。

文:タオ・ヴィー
撮影:コン・ダット