26/08/2016 14:01 GMT+7 Email Print Like 0

ニン・ソー沼における12の種類の蓮

最近、蓮の華を観賞する人々はタイ湖だけでなくハノイの郊外にあるニンソー沼へも行き、12の種類の蓮を見る。
この貴重な蓮の沼を作ったのはハノイのトゥオンティン県ニンソー町ニンサー村のグエン・ヴァン・ハインさんである。

2010年、ハインさんは面積5,000㎡の沼を掘り、多くの貴重な蓮の種類を植えた。タインチ県フンフック寺の僧侶の援助を受け、全国の貴重な蓮を栽培してきた。

ハインさんはフンイエン省、バックニン省などの多くの地域へ行き、貴重な蓮を集めた。将来、沼の面積10000㎡に広げ、日本の蓮をはじめ、他の多くの蓮を栽培する予定である。


朝に咲く蓮の華の美しさ


蓮の満開


太陽の日差しの下で咲く蓮の華


6月の白蓮


満開時の時の白蓮


ニン・ソ沼にある蓮


タイの蓮


タイの蓮は、開花から2週間後散る


タイの蓮


ニン・ソ沼にある蓮


宮廷の蓮

貴重な蓮の一つ


蓮の香りは蜂を呼び寄せる。

ニン・ソ沼にある蓮


蓮を撮影する観光客の一人


ニン・ソ沼にある蓮の蘂


毎年、蓮は5月から8月まで華を咲かせる。


ハインさんが栽培した蓮


ニン・ソ沼にある12の種類の貴重な蓮
12の種類の蓮が同時に開くのを見る機会はないが、観光客は一日中蓮の華の優しい香りを楽しむことで忘れられない印象を受ける。

文、撮影:コン・ダット