09/01/2020 10:17 GMT+7 Email Print Like 0

チャンクォック寺:タイ湖の「蓮」

チャンクォック寺は素敵な信教の施設であり、タイ湖の真ん中で咲く花のように見え、外国人観光客に高く評価される。アメリカのNational Geographic雑誌はチャンクォック寺を素敵な建築で、世界の訪問すべきの行き先のリストに入れた。
チャンクォック寺は1500年前に建立され、タンロン―ハノイの最古の寺である。伝説によると、チャンクォック寺はホン川の近くにあるイエンホア村でリー・ナム・デ王朝(541年~547年)に建てられ、最初はカイクォック(開国)と呼ばれた。リー・ニャン・トン王朝(1434年~1442年)時は、アンクォック寺と呼ばれた。

昔、チャンクォック寺はタンロン城の仏教の中心であった。リー王朝、チャン王朝は、儀礼とテトの時、チャンクォック寺を訪問し、平和、繁栄などを祈った。

チャンクォック寺は素晴らしい信教の施設で、タイ湖の真ん中で咲く花のように見え、外国人の観光客に高く評価される。
撮影:アン・ニェン




チャンクォック寺は国内外の観光客の理想的な行き先になる。
撮影:チン・ボ







チャンクォック寺にあるベトナムの文化の特徴を表す建築模様。
撮影:チン・ボ


18世紀のチャンクォック寺にある古い塔
撮影:チン・ボ


チャンクォック寺で行われるヴーラン儀礼。
撮影:チン・ボ



平和を祈る儀礼はベトナムの仏教
撮影:チン・ボ



チャン・クォック寺を訪問する外国人の観光客。
撮影:チン・ボ

 


2016年、チャンクォック寺はイギリスの Daily Mailに世界の16の素敵な寺のリストに入った。
 チャンクォック寺に1998年に建てられたバオタップ(宝塔)がある。バオタップは11階建であり、高さは15mである。それぞれの段階で丸天井のある6の窓がある。そのそれぞれの窓に佛の像が置かれる。バオ・タップはベトナムを訪問する時、インドの大統領にいただいた菩提樹の近くで設立された。

昔、ヴィエンドンバック院はチャンクォック寺を東洋の歴史的な建設物のリストに入れた。

文、撮影:チン・ボ