18/03/2016 10:51 GMT+7 Email Print Like 0

チャウトイ寺訪問

チャウトイ寺はビンズオン省ジィアン県ビンアン集落おけるチャウトイ山にあり、素敵な景色がある遺跡であり、仏教についての物品があり、多くの観光客が訪れる。
チャウトイ寺は1681年に建てられ、ビンズオン省で最も古い寺であり、最初は小さなお寺であったが、330年間後、大きく、特別な建築を有している。

チャウトイ寺は高さ82メートルであるチャウトイ山にあり、緑に囲まれる。天気の良い日には、数百キロメートルから肉眼でもお寺を見ることができる。

観光客は220段の段階を登るコースと、車で行くコースが選択できる。


観光客は220の段階を登り、チャウトイ寺へ行く


チャウトイ寺の門


チャウトイ寺の中にある観音菩薩像


佛の像


観音菩薩を参拝するコーナー


チャウトイ寺を囲む竜の像


チャウトイ寺は、ビンズオン省で最も古い寺である。

仏教建築を有するチャウトイ寺


チャウトイ寺の中にある品々

チャウトイ寺の屋根にある竜の像


チャウトイ寺にある塔には僧侶の遺灰が残っている


ビンズオン省にあるチャウトイ寺
チャウトイ寺の境内の真ん中に、高さ22、5メートル、重さが100トンの蓮台に載った観音菩薩の像である。その像はビンズオン省の最大の像である。

その他にも昔からの物品も保存されている。18世紀からの石仏、2003年に作られた銅像などがある。

1989年、チャウトイ寺は国家レベルの遺跡であることを認めれれた。チャウトイ寺から、ホーチミン市、ビエンホア市、トーゥザウ、ドンナイ川が見える。



チャウトイ寺は2009年、仏展が行われた。そのイベントはベトナムの仏教者にとって貴重で希少な物である。その後、世界の多くの国に紹介し、最後はタイタンで永久保存される。


文:グエン・ヴー・タイン・ダット
撮影:トン・ハイ