14/04/2019 09:55 GMT+7 Email Print Like 0

ザライ省プレイク市のミンタイン寺 

独特な建築様式を持つミンタイン寺はベトナムのザライ省で最も素敵な寺であり、観光客にとって欠かせない訪問先であり、プレイク市の誇りでもある。
プレイク市の中心から2km離れ、霧の中の丘にたたずむように建てられたミンタイン寺は古い建築で、謎を秘めている。1964年に建立され、歴史の影響を受け、多くの部分が崩壊と朽ち果てし待った。1997年に修復が始まり、修復には10年間かかった。寺は日本や中国、台湾の各建築様式を取り入れ、新しい外見を見せる。今、多くの人民たちと観光客の欠かせないな行先となっている。



ミンタイン寺は高さ16mの本殿、天井はタイグエンの森のヒノキで作られている。特にミンタイン寺のドアは慎重で、微妙な模様である四大天王が彫刻された。



上から見るミンタイン寺の全体


プレイク市から2km離れ、霜の中の都市の中にある丘にあるミンタイン寺


ミンタイン寺の正殿


高さが70メートルである9階建ての仏舎利のタワー


仏舎利のタワーの美


特にミンタイン寺の門扉は重層で、高さ6m厚さ約10cmあり、表には四天王が彫られている。


ミンタイン寺の本殿の中には羅漢像が並んで置かれてある


密教に基づき、彫刻される芸術品


密教の思想、文化を含む


日本の寺と神殿の建築様式を持つミンタイン寺
 
ミンタイン寺の住職はティック・タム・マン氏である。彼はザライ省プレイク市で6歳の時出家し、1987年にエットバン寺に入り、1989年ホーチミン市4区のロンブウ寺に入った。その後、台湾に留学し、仏教の美術、建築、芸術の学科を優秀に卒業し、その学科を卒業した最初の人である。

ミンタイン寺の建築は、大乗仏教の思想と文学の特徴を持つ。その本殿は2階建てで、大雄宝殿、大悲殿である。本殿は曼荼羅の形に配置されている。曼荼羅は2種類ある。それは仏の知恵のシンボルである金剛界曼荼羅と胎蔵界曼荼羅であり、大乗仏教の思想の特徴に基づく。



本殿の中には、長さ6m、高さ1,2mの仏壇があり、高さ8mの4体の観音像が本殿の4つの角に配置されている。

ミンタイン寺は1964年にティック・ザック和尚によって設立され、面積が2万㎡である。


ミンタイン寺の中で行われる儀礼



白い石で作られた羅漢の像


ミンタイン寺の中の風鈴



何度も修復されたが、昔からの謎の特徴が維持されるミンタイン寺

ミンタイン寺の境内

 

像に彫られる模様は、密教の哲学に基づき、文学と哲理の分野、密教の大乗仏教思想と文学の本質を表す。



ミンタイン寺の敷地内には池や樹木、自然がある。ミンタイン寺を訪問すると、観光客は日常の心配事から解放され、静かな空気の中に溶け込むことができる。

 

文、撮影:コン・ダット