19/01/2018 16:26 GMT+7 Email Print Like 0

クメール民族のチェン・キエウ寺

チェン・キエウ寺とも呼ばれるサロン寺は印象的なお皿、茶碗で設立されル。その茶碗、お皿が地元の人民たちに集中されるため、チェン・キエウ寺はソック・チャンにおけるクメール民族の団結のシンボルである。
チェン・キエウ寺はベトナムのソック・チャン市から12km離れ、ミー・スエン県ダイ・タム集落にあり、クメール民族の人民たちの仏教の工事であり、全国の観光客が観光する到着地でもある。

チェン・キエウ寺の管理委員会のチン・ティエン会員によると、チェン・キエウ寺が19世紀のはじめから設立される。時間がたつにつれ、チェン・キエウ寺の正殿がこわれた。1969年まで、タン・トゥック僧正はチェン・キエウ寺を改修することを呼びかけた。

しかし、回収する時、昔のレンガが十分にならなかったため、クメール民族の人民たちがお皿、茶碗、陶器などを集中し、寺を設立することを呼びかけた。

チェン・キエウ寺とも呼ばれるサロン寺


サロン寺の正殿の壁がお皿、茶碗、陶器などで作られる。


サロン寺の屋根のデザイン


お皿などで作られるサロン寺のの正殿


壁にあるお皿


40年間前のお皿、茶碗などはじょうぶで、新しく見える。


サロン寺の正殿は16の大きな支柱がある。


ここでベトナムの昔の西南部のバック・リエウの公子であるチャン・チン・フイの貴重な記念物が紹介される
 

サロン寺の正殿の壁が最も多いお皿、茶碗、陶器などで作られる。他は、会談、手擦り、柿なども見える。そのお皿、茶碗、陶器と日本のタイルと結合すると、目立つになる。タン・トゥック僧正のアイディアは設立料を節約し、想像力及びクメール民族の団結を表明した。

この40年間、サロン寺を設立するお皿、茶碗、陶器などは新しく見え、カラフルな色が守られる。

サロン寺は20の大きな像、小さな像がある。その両側の壁は釈迦の一生についての絵がある。

サロン寺は面積が2,1haである。その裏は釈迦が説く園地がある。



サロン寺は20の大きな像、小さな像がある。


サロン寺の正殿の垣で作られる陶器の瓶


様々なサイズ、形を有するお皿、茶碗で作られる壁


サロン寺の支柱の表面にあるお皿


サロン寺の正殿の支柱と垣


陶器の物で彫刻されるマスコット


お皿、茶碗などで作られる壁


お皿、茶碗などで作られる支柱


お皿、茶碗などで作られる支柱


人々に印象を与える模様


人々に印象を与える模様
 

ここを訪問すると、観光客もベトナムの昔の西南部のバック・リエウの公子であるチャン・チン・フイの貴重な記念物が見える。

チェン・キエウ寺はクメール民族の人民たちだけでなく全国の人々にも誘致している。

文:ソン・ギア
撮影:グエン・ルアン