30/08/2019 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

クオイキー(Khuoi Ky)石の村

クオイキー石の村は、カオバン省チュンカイン郡ダムトゥイ町にあり、海岸地域のために、古典的な特徴を作る古典的な建築の高床式住居がある。大きな空間においては、高床はタイ(Tay)属の人民を保護する堅固な高床である。
チュンクアン郡におけるタイ族の人たちは石の神を祭る信仰がある。タイ族によると、石は人間たちが受ける天災の防止を助けてくれる神である。カオバン省におけるそれぞれの民族の慣習によると、定められた日に石の神に感謝する儀式は行われる。カオバン省の各民族は石を命の初めであると考え、宇宙の中心であると考える。人間は石から生まれて死ぬと石になる。タイ族の人によると、石は人民たちが天災を防ぐ神のようである。

カオバン山・川地質公園の管理委員会によると、石の高床式建築は莫王朝(マック)時代(16世紀末)に各将軍は国境を護るために、カオバン地域に城を建設する時形成された。


石の村の面積は1万平方メートルあり、石の山に沿って約14棟の高床式住居があり、、
村の前にはクオイキー川がある。撮影:コン・ダット(Cong Dat)



大きな空間のある高床式の家はタイ族の人を護る堅固な造りである。
撮影:チン・ボー



クオイキー村の家の石の廊下。撮影:コン・ダット


N
クオイキー村のタイ族の人たちは稲作をし、収穫した後に石の床で干す。
撮影:コン・ダット



高床式の家の窓。撮影:コン・ダット


クオイキー村の石の壁。撮影:チン・ボー


クオイキー村の石の塀。撮影:チン・ボー


高床式住居の正面。撮影:チン・ボー


クオイキー村の人民たちの石の高床式住居の前のゆったりとした空間。撮影:コン・ダット
クオイキー村では、石は民族の人たちの日常の生活で常に使用される。民族の家は石で建てられ、柵、堰、臼、炉を作るために使用される。石の家は城のように頑丈である。

クオイキー石の村はバンジョック滝とぐオムガオ洞窟の間にある。この石の村は石の山の麓に14棟ある。村の前には小川があり、傍には野原がある。収穫の季節のとき、クオイキー村を訪問すると、観光客は美しい風景を見るチャンスがある。クオイキー村におけるタイ族の人たちの古い石の家は高い価値がある文化的シンボルで、特別文化建築であり、多くの世代の習慣、風俗を表わす。現在、クオイキー村は文化体育観光省により典型的な少数民族の伝統文化村として公認された。
文:チン・ボー
写真:コン・ダット、チン・ボー