14/10/2019 11:30 GMT+7 Email Print Like 0

V型・PVテンダーアシストドリル:ベトナムの油田開発分野の奇跡

V型・PVテンダーアシストドリル:TAD (Tender Assist Drilling)は、世界初のハイテクを応用した油田掘削ガスリグである。

PVテンダーアシストドリルVは、世界で最初のハイテクを応用した油田掘削ガスリグである。
有名な第1東海のプロジェクト―東海における油田開発分野の奇跡的な成功は油田開発分野の可能性を表わし、国家エネルギーの安全を確保することに貢献を果たす。この成功には、多くの努力しと膨大な金額が投資された。

ハイタック-モックティン油田について、埋蔵量の豊富なこの油田は、ベトナムで最も複雑な地質構造で、水深140mの深さがある。ハイタック-モックティン油田は、圧力が高く高温のガス油田で、危険とリスクが伴い開発に困難であるがあえて行う。
ハイタック-モックティン油田プロジェクトに対して、掘削ドリルはプロジェクトの成功、失敗を決定する。それで、ハイタック-モックティン油田は複雑な地質条件、ベトナム石油グループ(PVN)、Bien Dong(ビエンドン)石油管理会社(BIENDONG POC -プロジェクトリーダー)、石油ドリル・ドリルサービス株式会社(掘削請負業者)はこの地質条件の困難な問題に直面した。


V型PVテンダーアシストドリル。撮影:L.T


東海上で掘削作業をするV型PVテンダーアシストドリル。撮影:L.T


V型PVテンダーアシストドリルを操作する各技術者と工員たち。撮影:L.T


V型PVテンダーアシストドリルを操作する労働者。撮影:L.T


夜のPVテンダーアシストドリルのトラス。撮影:L.T
 
2009年、ベトナムはハイタック―モックティン油田の地質条件に適当した掘削ガスリグを持っていなかった。現在、世界には、V型のテンダーアシストドリルのような掘削機は7台ある。しかし、その7台のテンダーアシストドリルは、ハイタック―モックティン油田の高熱度、高気圧の条件に適しなかった。そのほかに、テンダーアシストドリルを借りる1日当たり経費は50万米ドルである。
プロジェクトの指導者たちはこの件について協議し、最終の決定は新しいテンダーアシストドリルを自国で製造することである。これは経済効果を与え、テンダーアシストドリルN.Pを製造し稼働させる経費は、借りる経費の半分である。
その他、新たなテンダーアシストドリルを製造することは第1東海プロジェクトに使用われるだけでなく、将来の他の各プロジェクトにも使用される予定である。V型のPVテンダーアシストドリルの製造は決定された。
V型のPVテンダーアシストドリルは多くの設備、新しいテクノロジーを応用した、世界の最も現代的なテンダーアシストドリルの1つである。V型のPVテンダーアシストドリルは精密で現代的なテンダーアシストドリルで、このドリルを稼働することは専門の技術者たちに対して、大きな困難を与えた。それは、以前使っていたジャッキアップ石油リグさせることに慣れていたからである。それで、各ベトナム人技術者のほかに、ビエンドン石油管理会社、石油ドリル・ドリルサービス株式会社は、最期段階のテンダーアシストドリルの稼働を援助するため多くの外国人技術者たち34名の外国人が雇用された。そのほかに、ビエンドン石油管理会社、石油ドリル・ドリルサービス株式会社はこのプロジェクトを実行するために、ベトナム人技術者の早急な教育を実施した。
文、写真:L.T