• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

ニュース

ホーチミン主席のサンクトペテルブルク市訪問100周年を記念

6月30日はホーチミン主席がロシア10月革命が起きたサンクトペテルブルク市の前身であるペトログラード市にはじめて足を運んでから100周年となります。

旧ソ連に滞在した期間はホーチミン主席の革命事業だけでなく、ベトナム民族解放運動にも特別な意義があるとされています。

サンクトペテルブルク総合大学に属するホーチミン研究院の院長であるブラジミール・コロトフ教授は次のような意見を述べています。

(テープ)

「ホーチミン主席が旧ソ連に来た後、マルクス・レーニン主義や総蜂起、政権掌握しょうあく後の国家管理、党建設、幹部育成などに関する知見を身につけました。1923年、ホーチミン主席が旧ソ連に赴いたことはベトナム革命事業にとって重要な出来事であると言えます」

この訪問の後にも、ホーチミン主席は何回も旧ソ連に戻り、国際共産主義運動に参加しました。それにより、ホーチミン主席は理論的かつ実践的な基礎を完成させ、ベトナム革命事業を勝利に導くことができたとしています。

(VOVWORLD) 


Top