• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

芸術

米の絵画で描くベトナム

グエン・ティ・ヴァンさん(ハノイ市ソク・ソン)は新しくユニークなアート製品を作りたいと思い、米粒を使ってベトナムの国と人々の美しさを称える絵を描くことに励んでいます。


グエン・ティ・ヴァンさん(1978年生まれ)は美術学校に通ったことはありませんが、卵の殻、葉、砂などの天然素材を使って絵画を描くことに情熱を注いできました。試作期間を終えた2015年、ヴァンさんは初めてお米の絵を描きました。「心」という言葉を描いた米書道の絵はプーロ幼稚園が開いたチャリティーのために制作されました。この絵は多くの人に愛され、彼女の創造的な情熱に影響を与えました。その後、ヴァンさんは親戚のために多くの作品を作りました。美しくユニークな米の絵を見て、多くの人々がヴァンさんに家族の生活を向上させるために作品を作るように勧めました。2016年、ヴァンさんとご主人は工場を建て、正式に米絵を販売することにしました。




種類ごとに分類される焙煎米。


絵の明暗を作るために焙煎され、様々な色に前処理される米粒。


絵を作成するためにテーマを木にスケッチするヴァンさん。



米粒をくっつけて固くするため使われる接着剤。



細部の輪郭を作成した後、米の絵画を均一に磨く工程。



絵を描くときは細心の注意を払うようスタッフに指示するヴァンさん。


米の絵を描くには細心の注意が必要。



米の絵付けの後、美しさを高め、

保つために光沢のある絵の具をスプレーする工程。


ヴァンさんによると、絵を描くには細くて長く、固い種類の米を使うそうです。自分の手で触り、経験を元に米を焙煎し、様々な色の米を作ります。米の色は絵の内容に応じて作ります。30分ほど焙煎すると黄白色になりますが、こげ茶の場合は5〜6時間焙煎する必要があります。


ヴァンさんは「ベトナム全般、特にハノイのイメージと文化的美しさをより多くの人々に広めることに貢献したいと思います。特に私の絵は多くの外国人に贈り物として購入されています」と述べた。

絵を描く手順は、まず木の板にスケッチし、次に接着剤を塗り、アイデアに従って焙煎した米粒を配置しまます。その後、絵を天日干しにし、ニスを塗り、そして長期にわたって保存するために抗シロアリ薬でコーティングします。絵の内容や大きさにもよりますが、通常1日から3日程度で絵が出来上がります。

 

現在、彼女の米絵画ワークショップでは毎月、主に故郷の風景やハノイの有名な景勝地をテーマに大小合わせて170から200作品の絵画を制作しています。


ベトナムの人々をテーマにしたいくつかの米の絵。

















文:ガン・ハー

撮影:カイン・ロン

訳者:ソン・タム・クエン




Top