16/01/2015 09:16 GMT+7 Email Print Like 0

APEC22:ベトナムは地域における協力を強化

チュオン・タン・サン主席は,11月10日、北京で開かれたAPEC=アジア太平洋経済協力会議第22回首脳会議の枠内で、1500のアジア・太平洋のグループの参加で、「地域内の連携:投資、インフラ、政策面での優先課題」をテーマとする2014年APEC企業サミットに出席した。
APEC企業サミットはアジア・太平洋の企業の共同体の最も重要なイベントであり、毎年開催され、各企業がAPEC首脳の指導者たちに、意見を直接に提出し、互いに意見交換をするために、よい条件を作り出す。

アジア・太平洋の1500のグループは北京で、開催されるAPEC企業サミットに参加した。
 

アジア・太平洋の1500のグループは北京で、開催されたAPEC企業サミットでスピーチをするチュオン・タン・サン主席。
撮影:グエン・クアン-ベトナム通信社


数多くのAPEC指導者とアジア・太平洋の大きな1500のグループは同サミットに出席した。 撮影:グエン・クアン-ベトナム通信社

APECアジア太平洋経済協力会議第22回首脳会合の場にて、アメリカの各グループと会見するチュオン・タン・サン主席。
撮影:グエン・クアン-ベトナム通信社

 
同サミットでのスピーチで、チュオン・タン・サン主席によると、アジア・太平洋は大きくて、アセアン共同体形成、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定) の調印で、新たなチャンスを有している。

チュオン・タン・サン主席は貿易、投資の自由化、APECとアジア・太平洋間の協力強化に対するアセアンの貢献、インドネシアにおいて、2006年、ハノイにおいて、提出された「アジア・太平洋貿易自由地域を形成するイニシアチブ」,2009年におけるシンガポールで、提出された「地域協力」イニシアチブ 、アセアン諸国が「ボゴ目標」を提出したこと、2013年に、インドネシアで、通過された「インフラ開発と投資に関するAPECの長期の計画」を強調した。

サン主席によると、これから2020年までに、アセアン共同体が形成されることで、この間は、東南アジアの発展段階である。貿易・投資、サービス自由化契約、アセアン自由貿易契約は完了され、調印される。特に、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)とアセアンと中国、アセアンと日本、アセアンとインド間の貿易協定は拡大される。

地域間とのコネクション、協力における各企業を高く評価する、チュオン・タン・サン主席は、各企業がバリと北京において開催される首脳会議で通過されたAPEC連結路程に参加することを提案した。

同時に、サン主席によると、各企業が発展途上国のために、教育・訓練分野、気候変化、天災の防止の分野をはじめ、多くの分野において、技術を援助し、連結力を高めることは必要である。
サン主席は、各企業がアセアン諸国とのアセアンコネクションに関する計画を実施し、インフラ
関するプロジェクトの実行を援助することを、提出した。

 

同サミットにおいては、サン主席はAPEC企業共同体がベトナムがテクノロジー分野を含む数多くの分野を開発することを引き続き援助することを提出する。
インフラ建設、東西、北南の経済回廊が開発されることは、ベトナムの投資優先である。撮影:ベトナムフォトジャーナル
そのほかに、建設投資、観光地、経済地区の開発などの問題はサン主席により同サミットで提出された。撮影:ベトナムフォトジャーナル

 
ベトナムの関心について、各企業と意見交換をするとき、サン主席によると、地域連結はベトナムの重要な関心である。サン主席は各企業がインフラ開発、資本金、科学技術を促進し、能力を高めることを引く続き援助することを提出した。

サン主席によると、現在のベトナムが、優先することは、東西の経済回廊、南部経済回廊、北南経済回廊、港のインフラ、観光地、工業地区、出入国地点経済地区を建設することである。

各企業は巨視的な経済を安定化させ、経済の再構築に対するベトナムの積極的な行動を高く評価した。各企業は地域内での経済活動において、積極的に能力を発揮させ、ベトナムは各企業の経済の目的地となることを希望し、ベトナムに、経営・投資活動を強化させることを約定する。

同サミットにおいては、サン主席に、各企業がベトナムに進出するためによい条件を作る政策について、意見交換をした。
文、写真:ベトナム通信社・ベトナムフォトジャーナル