26/07/2021 08:39 GMT+7 Email Print Like 0

石油・ガス工場の「現場で3つ」

生産と事業を維持しながら、効果的なエピデミックの予防と管理を行なうという「二重の目標」を適切に実施し、労働者、石油・ガス工場の絶対的な安全を確保し、新型コロナエピデミックが生産活動を妨げないようにするため、  ベトナム国立石油ガスグループ(ペトロベトナム)とそのメンバーユニットは工場、プロジェクト、石油およびガス工場で直接従業員に向けて「現場で3つ」現場で生産・現場で食事・現場で休憩というモットーを積極的に実践しています。
ペトロベトナムは年初から現在に至るまで、安全性、疾病の予防と管理を適切に実施し、ガバナンスの経験と効率を促進し、安全性を維持し、生産と事業活動を安定させ、各課題の達成指標は期待を上回り、困難な時期に国家経済に光明を照らしています。

2021年7月14日から、ビエンドン石油ガス事業会社(BIENDONG POC)はオフショア作業を海上での生産シフト、ホーチミン市でのシフト、ブンタウでのシフトの3つのシフトに分割するプログラムを実行に移し、リグに新型コロナ感染があった場合、交代する準備ができています。リグの作業時間とシフトの変更は通常の3週間ではなく、通常より長く(4〜5週間または流行が終わるまで)する必要があります。ハイ・タックーモック・ティンのリグのリーダーであるドアン・マイ・ラム氏は「現在の状況では、BIENDONG POCの最も重要なタスクは『二重の目標』を実現し、生産とビジネス、および労働者の安全を確保することです。リグの労働者は病気の予防に関する国家、グループ、および会社の政策と規制を厳密に遵守し、健康、精神、能力を十分に鍛えることを忘れず、新しい変化に適応し、共にこの困難な時期を乗り越えましょう」と述べました 。


ズン・クアット石油精製工場の従業員の休憩エリアを点検するBSRのリーダー。


アルジェリアに出向している幹部を激励するベトナム石油ガス組合とPVEPの指導者。

新型コロナのワクチン接種の前に医学的アドバイスとチェックを受けるBIENDONG POCの従業員。

 

グループ全体での新型コロナウイルス感染症防止対策に加えて、ベトナムガスコーポレーション(PV GAS)のベトナムガスディスパッチセンター(DDK)は、2021年6月の丸1か月をかけて全国のガスシステム全体の主要な操作領域を保護するための隔離要件に厳密に準拠した安全ゾーンを設置しました。24時間年中無休の分離障壁の中で、国家のエネルギーに対する強い責任感と犠牲の精神で労働は依然として継続的に行われています。DDKセンターは「絶対的な安全なエリア」と定義されています。規定によると、ガス工場の安全レベルのゾーン0は新型コロナウイルス感染症からの完全な隔離を確保するための「アクセスできないゾーン」です。新型コロナウイルス感染症アラームの限界値に達すると、対象者はゾーン0への出入りが制限されます。センター長からオペレーター、インシデント対応スタッフなど、作業員全員をセンターに隔離する必要があります。2021年6月1日から現在まで、ĐĐKセンターのゾーン0は45日間厳しく隔離されました。これは前例のない事例であり、病気の予防と管理の要件に適応しています。ĐĐKセンターのリーダーと担当者はストレスの多い勤務スケジュールを確保しながら、窮屈で負担の大きい変更を受け入れる「オンコール勤務」スケジュールに従って別々に生活し、勤務シフトを分割します。流行の季節や社会的距離において多くの変動が発生します。センターの任務遂行をサポートするために、PVGASの関連部門は定期的で一般的な消毒や重要な領域の消毒の強化、栄養ある食事の提供、最大限の連携サポートなどのロジスティクスを常に確保し、オンラインコミュニケーションチャネルを通じて「最前線」の同僚のメンタルケアを行なっています。

ペトロベトナム電力コンサルティング(PV Power)は安全を最優先事項として生産および事業活動を確保するという観点から、次のような新型コロナウイルス感染症防止対策を迅速に実施しました。本社では部門およびオフィスの責任者は業務を中断することなく、割り当てられたタスクを確実に完了する責任があります。出入りや大勢の人が集まっての接触を制限し、オンラインでの業務、オフィスでのオンライン会議を行ないます。特に、PV Powerは工場のオペレーションおよび保守チーム全体を隔離するように作業単位と工場に要求しました。

フー・ミとカ・マウの肥料工場は新しい状況での工場と生産施設の絶対的な安全確保を目的に、すべての従業員を一元的に隔離することで、新型コロナエピデミック防止のレベルを高めています。肥料市場では供給が不足し、価格が高騰している状況ですが円滑な生産と事業活動を確保しています。フーミ肥料工場の労働組合のグエン・ディン・フン副所長は、5月31日から新型コロナ感染症の非常に複雑な状況に直面し、次のように規制レベル2でプラントを運営することを決定したと述べました。ほとんどの管理スタッフは自宅からオンラインで作業し、生産業務部門の従業員の場合、シフトは2交代4班(各40人)の形で行われます。つまり、1つの班が作業している時、他の1つ班はシフトの交代を待つ間、工場ホールで休憩し、隔離します。残りの2つの班は距離を確保し、流行防止のリスクを軽減するためにフー・ミ町とブンタウ市のホテルに滞在します。この計画はコロナウイルス感染症防止に対する安全性を確保するとともに、就業日と集中的な隔離の後の従業員の心理的、論理的な健康状態のバランスをとることを目的としています。フー・ミ肥料工場シフトマネージャーのブイ・ディン・トゥー氏は次のように説明しました。このプラントがこの操作と隔離計画を適用するのはこれが初めてです。以前はすべてのシフトが終了し、皆んなは家族、妻、子供たちの家に帰り、友人とコーヒーを飲みましたが、今ではそうではありません。また、家族ごとに事情が異なり、仕事帰りに子どもの世話をしなければならない人もいれば、年配の弱い親の世話をしている人もいます。したがって、最初は、多くの労働者がかなり混乱し、心配していました。それから工場での業務も特別で、距離を保ち、一日中マスクを着用しなければならず、消毒液からの臭いなどは通常よりも多かれ少なかれストレスを与えます。

カ・マウ石油肥料株式会社(PVCFC)は、危険を見逃さないように工場からオフィスのビルまでの「複数のリング」の原則を完全に順守しています。新型コロナウイルス感染症が再発し、かなり複雑になったため、取締役会はすぐにイニシアチブを取り、多くの厳しいシナリオで防止計画を作成しました。特に工場に隔離エリアを設置し、システムの円滑な運用を確保するためにチームを集中させ、生産と同時に定期的な疾病管理を行い、新たな感染を回避します。カ・マウガス・電気・肥料でのクラスターでは、最高の効果をあげるために科学的かつ巧みな調整が行われました。すべてのスポーツ施設を閉鎖し、建物に住むすべての居住者は14日間の隔離、警備員、運転手などの外部との接触が多いと思われるスタッフも隔離されました。一部の特定の専門的なタスクを除いて、オンライン作業に切り替え、商品の配送は最高の5Kルールで実行されています。
 
6月末、クアン・ガイ省での新型コロナの流行が複雑になっていることを知り、ビン・ソンオイルフィルター石油化学(BSR)は従業員が新型コロナパンデミック下でもズン・クアット石油工場を安全に操作できるように、閉鎖的な作業環境と生活面での「バブル」プロセスを設定しました。工場の生産オペレーションおよび機能部門に属する千人以上の従業員は、工場でのシフト勤務ごとに食堂で食事の提供を受け、その後、工場にある集会エリアに戻って休憩します。主要人員はすべての活動を工場管理エリア内で行ない、21日間、または追って通知があるまで誰も工場エリアを離れることはできません。



厳しい検査を受けるVietsovpetro港に出入りする労働者。



発電所に入る前に体温の検査を受けるスタッフと労働者。



厳しく管理されているカ・マウ肥料工場に出入りする人々。

スタッフの休憩と隔離エリアとして使われているフーミ肥料工場ホール。
 

ズン・クアット石油精製所と同様に、クアン・ガイ省の状況に対応して、ズン・クアット船舶産業会社(DQS)はクアン・ガイ省当局と緊密に協力して、最高レベルの新型コロナ感染症予防計画を発動しました。病気の予防と管理のためにエピデミックの関する情報を定期的に更新し、従業員に伝えます。同時に、すべての従業員にPCRテストを実施し、DQSが手配したエリアで仕事、食事、滞在、生活を行ないます。この流行の間、DQSで働く労働者は500人近くいたので、DQSは会社の従業員の食事と宿泊施設を確保するために、500人以上の宿泊施設、毛布、衣服、食事、交通手段を手配しました。同時に、手指消毒剤、保護具、定期的なスプレー消毒剤を完全に配置し、作業、食事、および労働者の宿泊に使用される建物を清掃、消毒します。

「現場で3つ」というモットーの実行と並行して、ペトロベトナムと各ユニットは、保健省および関連機関と積極的に連携して、職員、従業員、労働者、特に工場、プロジェクトで石油とガスの直接労働者の予防接種を迅速に行なっています。これまで、ペトロベトナムは、外国人専門家を含む約1万人の従業員に対して、新型コロナ感染症に対するワクチン接種を安全に実施してきました。

多くの困難の中で、ベトナム石油ガスグループのリーダー、ベトナム石油ガス組合と各ユニットは、定期的に訪問し、工程やプロジェクト、工場で直接生産する幹部や労働者を激励し、従業員が安心して仕事ができるように物質的、精神的に最高のコンディションをつくり出すよう関連部署を支援します。労働組合は定期的に従業員の考えや願望を聞き取り、把握して、迅速に対応します。多くの工場がコミュニティ検査チームとエピデミック防止チームを設立し、ソーシャルネットワーク、電子メール、または電話のインタラクティブチャネルを介してすべての従業員と24時間年中無休で接続し、従業員の考え、願望、提案、推奨事項を迅速に記録します。ユニットのリーダーは最速でサポートを提供し、すべての問題を解決し、「現場で3つ」によって隔離期間中でも安心して仕事と休息ができるようにします。

フー・ミ肥料工場の責任者であるブイ・ディン・トゥー氏は「すべてのリーダーの対応は本当に従業員を励まし、現時点でタスクをうまく完了するためにより多くのモチベーションと決意を与えてくれる精神的な薬です」と語りました。

6月の会議でペトロベトナムのレー・マイン・フン社長はペトロベトナムグループとそのユニットの次の期間における重要なタスクの一つは、労働者の安全と生産とビジネスの安全のために新型コロナ感染症の流行を制御するための対策を実行し続け、同時に従業員に接種するワクチンを手に入れることだと強調しました。「現場で3つ」をモットーに創造的、効果的、適時に実施し、石油およびガス労働者の仕事に対するコンセンサス、決意および共有意識、責任感によりペトロベトナムは困難を克服し、「二重の目標」の実現において明るい場であり続けることは確実でしょう。
文:ハイ・イエン
撮影:ロン・ヴ―
他の記事