02/02/2015 10:52 GMT+7 Email Print Like 0

3世紀にかけて渡る橋

100年前に、1898年9月、東洋市の総統全権大臣は、ホン川に架ける橋の建設の起工式を行った。この橋の名前は、Paul Doumerであった。しかし、ハノイ市民たちは、この橋をロンビエン橋、又は、ソンカイ橋と呼んだ。
ロンビエン橋はアメリカのBrooklyn橋に次いで、世界の最も長い橋の第2位にランクされた。ロンビエン橋はハノイのEiffel塔として命名された。
3世紀に渡って、時の変化、戦争での破壊を受けた後、今は、古い橋になった。
 

ロンビエン橋Daydé & Pilléゼネコンと起工時間と落成記念のプレート
  毎日、ホン川の地域の人民たちは、都市への入口であるロンビエン橋を渡り、農産物を売る、

ホン川の地域に建られた大きなビルは、100歳の橋の重要な役割を表現する。

ロンビエン橋を訪れる外国人の観光客たち。

ロンビエン橋の南側にあるロンビエン駅。

ロンビエン橋の模様。

ホン川の南側から、見えるロンビエン橋。

ロンビエン橋。

ロンビエン橋からホン川を眺める人々。

夜における100歳の橋の美しさ。

今、ホン川の地域は、チュオンズオン橋、ヴィントゥイ橋、タインチー橋、タンロン橋、ヌアットタン橋などの数多くの現代的な橋が架けられているが、ロンビエン橋は、今も、ハノイの記憶がある橋である。

毎朝、人民たちは、ロンビエン橋を常に渡る。人間の知恵と芸術的な作品であるロンビエン橋は、大きな歴史的価値がある端である。
文、写真:チャン・タイン・ザン