16/03/2018 23:03 GMT+7 Email Print Like 0

1980年代のチュノム(𡨸喃)の研究者

1980年代のチャン・クアン・ドゥック研究者は「千年衣冠」と題された本は、学術的な文化研究の新しい分野へのアプローチとして紹介され、若者に印象を与えた。

「千年衣冠」の印象
2013年、チャン・クアン・ドゥック研究者の「千年衣冠」と題された本は読者に紹介された。その後、ベトナムの研究文献書の中、新しい現象を作り出した。

1か月だけで、「千年衣冠」は2度出版され、1千冊から7千冊に増えた。


1980年代のチャン・クアン・ドゥック氏は、学術的に文化を研究する分野へのアプローチの方法を紹介した。

チャン・クアン・ドゥック氏はチュノムのクラスで文化について話をする。

 

ニャーナム出版社の本は多くの読者に人気があり、出版された「千年衣冠」の異様な現象を不思議に思った。この本はベトナムにあるめずらしい研究分野の一冊であり、専門家に高く評価され、「新発見」の賞を受賞した。

2009年、チャン・クアン・ドゥック研究者は中国の北京大学を卒業した後、帰国した。当時、ベトナムの古い映画は衣装の問題に直面した、映画の中で使われた衣装は、中国の衣服と違いがなかった。そのため、チャン・クアン・ドゥック研究者はベトナムの衣冠とベトナムの文化の歴史の食い違いを埋めるための本を書いた。

「千年衣冠」という本は、リー王朝からグエン王朝(1009年―1945年)の千年間のベトナム人の衣冠を再現し、王様や宮廷の主官などの衣冠から軍隊や民衆の衣服を分析した。

「千年衣冠」について、チャン・クアン・ドゥック研究家は「この本は、ベトナムで最も細かく研究され編集された衣冠について文化、歴史の資料である。」と高く評価した。

1980年代タイド(書道家)の意志を立てる夢

「千年衣冠」が出版された後、チュノムについてのクラスが開かれた。チャン・クアン・ドゥック氏はタイド(書道家)の仕事で自分の意志を立てる夢があった。

チュノム学。このクラスの名は、チュノムを学術的に学ぶことだけに参加するのではありません。よって、チュノムのクラスは7コースが終わり、今、新たなコースが開かれている。



チャン・クアン・ドゥック氏が書いたチュノムの教科書は学生の需要に応じて、編集を続けられる。


チャン・クアン・ドゥック研究家のチュノムのクラスは多くの人々に人気がある。
 
チュノムのクラスを開く目的は自分がチュノムに人気のある人々と交流するのである。その学生たちはチャン・クアン・ドゥック先生と同じ、翻訳する。

他の目的は、大部分のベトナム人に先祖の考え方を理解させるためのチュノムの教科書を完成すること。

そのため、卒業した学生の意見を聞き、チューノムの教科書をもう一度編集し、学生の需要に応じる。

チャン・クアン・ドゥック氏は「どの作業をしても、一番大切な事は科学的、論理的に考え、効果があることを重視します。」と思う。そのため、今の現代的な社会の傾向であるスタートアップを自分の仕事を名づけた。

起業についての目的は、生きている時代の人の考え方によって違います。しかし、文化に関する研究をする人は、みんなに高く評価される。チャン・クアン・ドゥック氏もその中の一人である。チャン・クアン・ドゥック氏は「現在の大半の人は、過去の関連によって存在していること、それを理解することができません。私の仕事は彼らにそれぞれの人の成功が過去から繋がっていることを理解させることです。」と述べた。


文:タオ・ヴィー
撮影:ヴィエット・クオ
 
他の記事