19/01/2015 10:01 GMT+7 Email Print Like 0

美しいシエムカン(Xiem Can)寺

バックリエウ省を訪問するとき、誰もがクメール(Khmer)族の美しい建築物のシエムカン寺を訪問する。
バックリエウ省、ヒエップタイン町に属する多くの札木がある道に沿いで、シエム・カン寺-非常に美しい建築工程は出現する。シエム・カン寺は南部のクメール(Khmer)族の最も美しい寺である。

シエム・カン寺の門は東方にあり、多様な建築特徴がある。シエム・カン寺の門の上には、カンボジア人のAngkor建築特徴がある3つの塔の模様、数多くの頭がある蛇の像である。そのほか、シエム・カン寺の壁は蛇の神の模様と美しい模様で、彫刻される。

シエム・カン寺の門からシエム・カン寺の中心までの距離は約100メートルである。シエム・カン寺を訪問するとき、観光客たちは1887年から建設された古い寺の平安な空間を感じる。
 

1887年に建設された古い寺の庭

シエムカン寺は南部のクメール(Khmer)族の最も美しい寺として知られる。
撮影:チョン・チン

シエムカン寺の門の上には、カンボジア人のアンコール建築の特徴である3つの塔、多頭の蛇である。そのほか、寺の壁は蛇の神と美しい模様で彫刻されている。
撮影:チョン・チン

シエムカン寺の屋根。撮影:レー・ミン

5つの頭がある蛇。   撮影:レー・ミン

シエムカン寺の空間におけるKrũd 鳥の神。  撮影:レー・ミン

美しいシエムカン寺の模様。撮影:レー・ミン
美しいシエムカン寺。  撮影:チョン・チン

シエムカン寺における仏像。  撮影:チョン・チン

シエムカン寺における仏像。  撮影:チョン・チン

美しい模様で、飾られたシエムカン寺。  撮影:チョン・チン

南部のクメール(Khmer)族の寺と共に、シエムカン寺は子供たちがクメール族の言語、文化を勉強する文化と教育の中心である。  撮影:チョン・チン

シエム・カン寺における墓。撮影:レー・ミン

クメール族の人々の観念によると、寺の本堂は、東方に向くけられている。シエムカン寺の本堂は、蛇の模様で飾られ屋根は、クメール族の竜の模様で飾られる。
寺の本堂に到着すると、観光客は帽子を脱ぎ、裸足で行かなければならない。寺の本堂の中には、多くの大きな仏像がある。これは、仏の変化時期を表現する。特に、シエムカン寺の本堂の中にある多くの壁画は、仏の生活、Reamker話を表現する。このことは観光客に深い興味を与える。

本堂の外には、5つの頭の蛇の模様での柱がある。このことは仏教が人々が善意があることを助ける。

そのほかに、シエムカン寺は、多くの墓がある。これは、クメール族の寺の特徴である。
儒教を修行する場所だけでなく、南部のクメール族の寺は、村の文化と教育の中心であり、この寺で未成年や子供たちは、クメール族の言語、文化を勉強する。

文:グエン・ヴー・タイン・ダット
撮影:
チョン・チン、レー・ミン