19/11/2015 10:24 GMT+7 Email Print Like 0

粘土地層を発見

松の森の中にある長さが1200mである粘土地層はベトナムのラムドン省ダラットにある不思議な新人工彫刻物である。2012年に開かれた後、ここは多くの観光客を集めた。
粘土地層は彫刻地層、赤土地層、粘土村などの多くの他の名前があり、観光客の創造力をかきたてる。粘土地層のオーナーはダラットの古い建築に興味を持つチン・バ・ズン氏である。

S
研究した4年間後、チン・バ・ズン氏はトラップを特別な色を有し、環境に良い原料を作った。その原料はコンクリートと同じ質である。



粘土から作られた類人猿についての背景


ダラットコン・ガー(鶏)教会


ダラットの民族村


粘土で作られたギター


粘土から作られた画家


ダラットの汽車


粘土で作られた馬車


Palaceホテル


ダラットを発見したイェルサン医者


ベトナムの記録をした粘土で作られた家


粘土の別荘


粘土地層の特別な空間


ダラットの桜


粘土地層で作られたダラットの果物


粘土地層は彫刻地層、赤土地層、粘土村などの多くの他の名前がある。


粘土で作られた馬


カムリ滝のそばにいる女たち

ベトナム人の祖先のシンボルである竜の頭からはじめる粘土地層を通じて、観光客は粘土で作られたダラットの全体,歴史などが理解できる。
文、撮影:グエン・ヴー・タイン・ダット