23/05/2017 14:15 GMT+7 Email Print Like 0

第24回太平洋経済協力会議

APECアジア太平洋経済協力会議のSOM2=第2回高級実務者会合と関連会議の中、15日、ハノイにおいて、ベトナム太平洋経済協力委員会(VNCPEC)は太平洋国際評議委員会と協力し、「21世紀のアジア-太平洋のパートナーシップのビジョン」と題された第24回太平洋経済協力会議を開催した。ベトナムのファム・ビン・ミン副首相は会合に出席した。
会合において、重要な専門家、企業家、外国の重要な幹部がアジア-太平洋の将来に影響を与える問題について会談した。

会議には、太平洋経済協力の26のメンバーの委員会の200人の代表者、ベトナムの各省庁の指導者、アジア太平洋経済協力(APEC)の高官が会合に出席した。

開幕式において、ファム・ビン・ミン副首相はこの40年間でアジア太平洋経済協力の成功とメンバーの努力、貢献について祝辞を送った。ミン副首相も太平洋経済協議会が特別な体制である役割を確認し、企業、政府、学者の考えなどを集め、アジア太平洋が対面する課題の解決にアイディアを作り出す。

パスカル・ラミー世界貿易機関(WTO)元局長は世界貿易の新たな傾向とアジア太平洋の役割を分析し、国際貿易の新たな傾向を確認し、各国の政府が緊密に協力し、オープンな貿易


第24回太平洋経済協力会議に出席するベトナムのファム・ビン・ミン副首相と代表者。
撮影:チャン・コン・ダット



会議の開幕式に出席するベトナムのファム・ビン・ミン副首相
撮影:チャン・コン・ダット



同会合で発表するキャンベル氏。
撮影:チャン・コン・ダット



太平洋経済協力について発表するヴォー・チ・タインベトナム委員会会長。
撮影:チャン・コン・ダット



同会合は研究家、専門家と地域と世界の企業の代表者の関心を集める。
撮影:チャン・コン・ダット


ハノイにおける同会合の様子。
撮影:チャン・コン・ダット


パスカル・ラミー世界貿易機関(WTO)事務局長
撮影:チャン・コン・ダット
会合において、代表者は貿易、投資の機構をはじめ、経済について評価し、協力を促進することを確認し、中小企業、サービスと投資の役割を重視し、第4回目の工業革命の機会と潜在力を、アジア-太平洋パートナーシップの機会と課題について分かち合う。

多くの意見はデジタルの経済・経済もうの中の第3回グローバル化の新たな傾向に集中させる。技術情報は連続的な変更をもたらす。同時に、データと情報は経済成長の原動力になる。

代表者もお互いに利益がある規則により、APECと太平洋経済協議会は地域の各国が会談でき、一致することに貢献した。

他は、同会合もAPECと太平洋経済協議会の協力をはじめ、APECと地域と国際の組織の協力について高く評価し、成長、維持的な発展などを促進し、将来のアジア-太平洋のビジョンを設立する。

1980年に設立された太平洋経済協議会はアジア-太平洋の経済-貿易の政策を協力する体制であり、APEC のオブザバーの1つである。太平洋経済協議会の目標は地域とAPECの成長と協力を促進させる政策を作り出すことに貢献する。

太平洋経済協議会はシンガポールにある国際委員会と23の委員会のメンバーがある。そのメンバーのほとんどはAPECのメンバーであり、それはオーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、コロンビア、エクアドル、香港、中国、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、メキシコ、モンゴル、ニュージーランド、ペルー、フィリッピン、シンガポールなどである。

総会は太平洋経済協議会の大きな規模を有し、重要な活動である。同会合を通じて、太平洋経済協議会のメンバーは太平洋経済協議会の目標に力を注ぎ、太平洋経済協議会の発展と反映を促進する。1995年9月ベトナムは太平洋経済協議会のメンバーになった。

現在、太平洋経済協力のベトナム委員会には3人のメンバーがいて会長はヴォー・チ・タイン博士である。

 

文、撮影:チャン・コン・ダット