05/08/2015 13:28 GMT+7 Email Print Like 0

環太平洋戦略的経済連携協定 (TPP)の後、ベトナムの繊維業会に恩恵があるか

ベトナムのWTOセンターのレポートによると。環太平洋戦略的経済連携協定 (TPP)に調印した後、ベトナムの繊維は、優先されると予測される。
ベトナムのWTOセンターはベトナムがアメリカとTPPに参加する他の国(特にベトナムとFTAに調印していないパートナー)などの大きな市場、特に、繊維と履物の市場に関税がないか低い税率に近づくことができると考えた。

アメリカの提案によると、繊維についての交渉は個別に行われること。その中、市場を開く側はアメリカであり、市場に近づく側はベトナムである。他はメキシコとオーストラリアのパートナーもある。

2005年5月1日まで、繊維の交渉は「ヤーン・フォワードルール」の規則で統一された。税関の優遇を受けるために繊維はTPPに参加する各国で「Yarnforward」から生産しなければならない。



ヴィエットティエン会社は全国で20店舗と300の代理店がある。
撮影:レー・ミン



スーツをカットする段階。
撮影:ダン・キム・フオン



ヴィエットティエン会社の社員たち。
撮影:レー・ミン



Yシャツにアイロンをかけている。
撮影:ダン・キム・フオン

ベトナムの工商省の報告書によると、2015年5月の繊維の輸出金額は16億5千万米ドルに達し、去年に比べると、8、4%増であった。2015年の5ヶ月間で、輸出金額は81億1千万米ドルに達した。
報告書によると、別の規制がる繊維に対しての特別な自衛方法の提出がある。これは優先関税(特恵)が使えた後、あらゆる繊維が輸入国(特にアメリカ)に入る危機に対して輸入国を保護することである。

この条件はアメリカの市場に繊維製品を輸出するベトナム企業には不利であるが、今の能力と将来の繊維発展への投資から見ると、TPPの国へ輸出する繊維の量が突発的に増える可能性は低いため、事実的にこの条件を実施する可能性は低い。

さらに、アメリカはその製品を生産しないため、輸出国の生産に損害を与える可能も基本的にない。

ベトナムWTOセンターによると、現在と将来、大部分の原則はTPPに調印しない国からの適応される輸入規則は「ヤーン・フォワード」の規則である。

基本的に、「ヤーン・フォワード」の規則を使わないように、多くの原料、特に繊維の原料を「供給不足」のリストに入れる。

しかし、そのリストに入れる原料の量は少ない。また、ベトナムはその不足について詳しく説明することも必要である。


ニャベー会社の主な製品であるシャツ。
撮影:ダン・キム・フオン


製品を検査している。
撮影:ダン・キム・フオン



TPPに加盟した後、著しく発展する機会があるベトナム繊維。
撮影:ダン・キム・フオン

現在、市場を開く過程(関税の削除)についての交渉は3のグループに分ける。それはTPPがはじめた後、すぐに関税を削除するグループ、5年内に、免税するグループとそのまま税関を維持し、10年間、15年間後、関税を削除するグループである。

ベトナムに対して、TPP執行後、すぐに関税を削除するグループが多ければ多いほど企業に有利でである。

 
文:Chinhphu.vn
撮影:レー・ミン、ダン・キム・フオン