07/09/2016 14:01 GMT+7 Email Print Like 0

東洋で最大の紡績工場

110年の期間発展を続けて来たナムディン紡績工場は、環境を保護するためホアサー工業団地に移転した。
ナムディン紡績工場は東洋で最大の紡績工場として知られ、前身がシルクを研究する場所であり、東洋全権者ド・ラネッサン氏(1887年-1888年)に設立された。1898年まで、全権者ポール・ドゥメール氏は蒸気で繊維工場を稼動させることを許可した。1924年まで、6千人の労働者がここで働いた。
 


ナムディン紡績工場は東洋で最大の紡績工場であると知られ、前がシルクを研究する場所であり、
東洋全権者ド・ラネッサン氏(1887年-1888年)によって設立された。
1898年に、水蒸気で繊維工場を稼動することを全権者であるポール・ドゥメール氏は許可した。
撮影:コン・ダット


ベトナムの2000ドン札に印刷されたナムディン紡績工場の写真
撮影:コン・ダット



現在のナムディン紡績工場で稼動している生産ライン。
撮影:コン・ダット


染色部門はホアサー工業団地に移転された。他の部分はまだナムディン紡績工場で稼動している。
撮影:コン・ダット


人の年齢より多い織機を使っている労働者。
撮影:コン・ダット



ナムディン紡績工場の一部はまだ稼動している。
撮影:コン・ダット


自動生産ライン。
撮影:コン・ダット



ナムディン紡績工場は移転のため取り壊しを行なっているが、一部ではまだ稼動しているところもある。
撮影:コン・ダット


ナムディン紡績工場で25年間働いているチャン・ティ・キム・イエンさん(48歳)にとって工場は生活のためだけでなく国家建設のための若者の活力となった
撮影:ヴィエット・リン

ナムディン紡績工場のグエン・ヴァン・ミエン社長は「1954年、ナムディン紡績工場は新しいベトナム国家に管理され、ナムディン紡績連合工場と呼ばれました。当時、ほとんどの機械は破壊され、非常に少ない機械だけで稼動しました。当時の製品は麻織物などであった。」と述べた。

アメリカ抗戦時について、ナムディン紡績工場で働いたグエン・ヴァン・ソム氏(78歳)は「1965年、アメリカが破壊戦争を行った時、ナムディン省は壊滅的被害地帯でした。ナムディン紡績工場も爆弾により破壊されました。ナムディン紡績工場は各地に機械を移し、引き続き生産しながら、戦った。」と述べた。

戦争の後、ナムディン紡績工場は銀行の資金を借り、多くの新しい機械を購入し、生産方法を変え、国内外の企業と協力し生産した。一時、1万8千人の労働者が工場で働いた。


ナムディン紡績工場の大ホールはフランスの建築構造によって建造されている。
撮影:コン・ダット


ナムディン省の人々にとって、ナムディン紡績工場は忘れられない姿である。
撮影:ヴィエット・リン



昔からのナムディン紡績工場のスローガンは今でも保存されている。
撮影:ヴィエット・リン



古くなったナムディン紡績工場
撮影:ヴィエット・リン



古くなったナムディン紡績工場
撮影:コン・ダット



特別な建築を有するナムディン紡績工場
撮影:コン・ダット



ナムディン紡績工場の一部
撮影:コン・ダット



ナムディン紡績工場の外の部分は破壊された。
撮影:コン・ダット



ほとんど取り壊された工場の外部


紡績工場の跡地には、いくつかの建造物が工場の発展の歴史的記念物として残される。
その中で、ナムディン市で最初の共産党支部の旗が掲げられた木は永久に保存される。

撮影:コン・ダット

撤去された土地にあった多くの建物の跡を見るとこの地域で多くの労働者が働いていたことが分かる、
それは街の1/10の人口に当たる

撮影:コン・ダット

ナムディン市の決定によると工場の機械が移された後この地域は投資され、ナムディン織物生産都市が建設される。
ナムディン省にはもう1つの旧区域と同様の30haの織物生産区域ホアサー工業団地が市のセンターから5kmに建設される。

撮影:コン・ダット、ヴィエット・リン