11/02/2019 08:14 GMT+7 Email Print Like 0

国内各地の住民、テト明けの生産を再開

旧正月3日にあたる7日午前、北部タイグエン省、フォイエン町で「新農村と文明的な町づくり」をテーマに、豊作を祈る祭りが行なわれました。 この祭りはまた、生産競争、新農村づくり、樹木と畜産構造の転換、先進的な科学技術やバイオテクノロジーの適用、農業、農村の現代化を推進することが狙いです。 他方、同日、中部港湾都市ダナンで、漁民らはテト明けの漁に出て、豊漁を祈っています。ダナン市、ソンチャ区に住む漁民の一人は次のように話しました。 「テト明けに魚などをたくさんとることを祈っています。また、私たち漁民は良い天気に恵まれ、漁獲を順調に行なうよう望んでいます。」 この数日、ソンチャ区のマンタイ港で漁船の多くが寄港しています。 ソース:VOV