08/12/2017 16:30 GMT+7 Email Print Like 0

ロシア連邦の首都、モスクワ市の中心を流れるモスクワ川沿いにある旧ロシア帝国のクレムリン宮殿

クレムリンはロシアのモスクワ主都のハートト呼ばれ、ロシアの権力のシンボルであり、全世界の遺産であり、観光客に強い印象を与える。
クレムリンは2部分があり、行政地区と観光地区である。観光客はロシア連邦の大統領府や大統領官邸が置かれている行政地区に入ってはいけない。観光客が入れる部分は教会、公園、宮殿、博物館などがあるクレムリン国家歴史文化博物館である。


正面には赤の広場があるクレムリン。


モスクワのクレムリンの原型となる城塞は12世紀に築かれたと考えられている。


多くの前の世紀から設立された教会があるクレムリンの博物館


クレムリンにおけるロシア連邦議会の上院のビル


1735年―1737年から作られる鐘は鋳造されたばかり、割れた。その割れた部分は重さが11トンである。


1586年でフョードル1世モスクワ・ロシアのツァーリ(在位:1584年 - 1598年)で、モスクワのリューリク朝最後の君主の命令で鋳造される大砲


ウスペンスキー(Uspensky)大聖堂


観光客に印象を与える教会


アレクサンドロフスキー公園におけるポプラ


クレムリンにおけるトロイツカヤ塔


赤の広場のそばにある


穏やかなモスクワ川のそばにあるクレムリン宮殿


クレムリン宮殿における教会クレムリン宮殿はロシアの誇りである。



クレムリン博物館は毎日午前10時から午前5時まで開かれる。

1990年、クレムリン宮殿もユネスコに世界遺産に登録された。

文、撮影:チャン・ヒエウ