18/02/2019 10:21 GMT+7 Email Print Like 0

ライチャウ省、「北部国境線を守る戦い」の歴史証人会合を行う

16日午後、北部山岳地帯ライチャウ省、ライチャウ市で、同市の元国境警備部隊連絡会は1979年の北部国境線を守る戦いに参加した歴史証人との集いを行ないました。
ライチャウ省、「北部国境線を守る戦い」の歴史証人会合を行う - ảnh 1
 席上、歴史証人らは1979年2月17日からおよそ1ヶ月間にわたり、行われたライチャウ省の住民・軍隊と侵略者との戦いを振り返るとともに、「この戦いは領有権を確保するための道理に適った戦争である」と強調しました。ライチャウ市の元国境警備部隊連絡会のグエン・タイン・ルアン会長は次のように語りました。

「元国境警備部隊の隊員ほとんどは定年退職し、安定した生活を送っています。革命兵士としての本領を発揮して、軍務を解かれてからも、多くの同志は地元のあらゆる活動に積極的に参加しています。」
なお、1979年、ライチャウ省の住民と軍隊は17の戦いを経て、侵略者数千人を撃滅しました。
ソース:VOV