30/11/2015 11:18 GMT+7 Email Print Like 0

ミャンマーを訪問

数千の寺のあるミャンマーは、金箔で装飾された古い寺と仏像で有名な国である。
我々は、ホーチミン市のタン・ソン・ヌアット空港から2時間後に、ミャンマーのヤンゴン市に到着した。この都市は2600年前に建設された有名なShvenavdaw黄金の寺をはじめ数多くの仏教に関する遺跡がある、Shvenavdaw寺は60トンの金箔が使われ、寺の天主には76カラットのダイヤモンドと仏の8つの髪を保存する場所である。
ヤンゴン市の通りでは、朝から多くの僧たちが托鉢を行う。Shwe Dagon寺は獅子の像とNaga 竜の像が有る有名な最大の寺である。Shwe Dagon寺には約1000体の大きな仏像がある。


2011年にインド・パキスタンが課した経済制裁は解除され後に、ミャンマーの観光サービスをはじめ多くの分野は発展してきた。


ミャンマーは金箔で装飾された古い寺をはじめ多くの寺がある有名な国家である。
ヤンゴン市はミャンマーの多くの仏教に関する遺跡がある古都である。


長さ55mの、高さ16mのShwethalyaung仏像は世界で2番目にランクされた。
巨大な仏像


85%の人民たちは 仏教を信仰している。


Golden Rock 寺は1100メートルの高さに建てられている。


Shwe Dagon寺は獅子の像とNaga 竜の像が有り、ヤンゴン市で最も有名で最大の寺である。


有名なKyaik Pun 寺。


Shwe Dagon寺は獅子の像とNaga 竜の像を有する


寺を掃除する意識を常に有するミャンマー人民たち。


ミャンマーの皇室衣服


ミャンマーのKayan 族の女の人。


ミャンマーを訪問する観光客は宝石を買う。

我々は、古都ヤンゴンから185km離れたGolden Rock Kim Thạch寺への途中ある有名なKyaik Pun寺を訪問した。
Golden Rock寺は山にあるので、私たちは夜は山の上で休んだ。夜休むとき、私たちはロマンチックな風景を見ることができた。

文、写真:ダン・キム・フオン(Dang Kim Phuong)