06/10/2017 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムと日本間の裾野産業

日本貿易振興機構(JETRO)は毎年に開催される裾野産業に関する展示会を通じて、ベトナムは裾野産業への協力と援助を促進した。
2008年12月25日に調印されたベトナム・日本経済パートナー協定(VJEPA)においては、ベトナム・日本両国間の政府はすその産業の競争可能性を強化するために、ベトナムのすその産業の開発を強化させることについて、意見が一致した。この協定に基づいて、多くの年間に、日本貿易振興機構(JETRO)はベトナムがベトナムに投資するためのコネクションであり、ベトナムの企業が経営するチャンスを見つけることを援助してきた。
9年間に、日本貿易振興機構(JETRO)はベトナムの会社が日本の会社に、部品を供給することを促進し、両国間の効果的な貿易力を作り出すために、ハノイとホーチミン市に、「ベトナム・日本すその産業展示会」を開催した。
2017年9月に、ベトナム・日本す地場産業展示会は、両国の企業や会社がこの場で貿易交渉が出来るの援助する。



第7回のベトナム・日本裾野産業展覧会に出席するベトナム工商省の代理、ベトナム会社、日本会社の代表たち。


日本貿易振興機構の代理である北川 浩伸氏によると、第7回のベトナム・日本地場産業展示会において、40社の日本企業がベトナム製の部品の購入のため来場した。


第7回のベトナム・日本地場産業展示会の開幕式。


第7回のベトナム・日本地場産業展示会において、ベトナム会社のブースを見学する経営者たち。


日本貿易振興機構の北川 代理によると、彼はハノイと近隣する地方は将来、アセアン地域の最も重要な部品生産地域になると予測する。
 
JETROにより、ハノイで、開催される第7回のベトナム・日本地場産業展示会は41社のベトナム会社、40つの日本会社の参加で、行われた。第7回のベトナム・日本裾野産業展示会においては、7000件の貿易交渉は行われ、200件の貿易契約は調印され、1万人を誘致した。
北川 浩伸氏-日本貿易振興機構の代理によると、外国直接投資(FDI)は批准されるとき、2016年、日本企業は574件のプロジェクトに投資した。
柳 在ベトナム日本副大使はベトナムの地場産業を促進するために、投資、科学技術、マーケティングに関する全面的な援助は必要である。これはベトナムの競争力を高める。

来客者たちに、機械を生産する強みを紹介する1つの会社の代理店。


ロボットを陳列する日本のNew Wainder 会社。


裾野産業に関する数多くの日本企業のパートナーであるヌアット・ミン(Nhat Minh)会社。


ベトナムのパートナーと裾野産業市場を探す外国の各会社。

ベトナム・日本部品産業展示会で陳列された機械の部品。


ベトナムにおける裾野産業に関心を持ち、経営チャンスを探す香港、中国の会社。

レー・タイン・トゥイ(Le Thanh Thuy)氏-チー・クオン工業会社社長は「チー・クオン会社はベトナム・日本部品産業展示会を通じて、この数多くの年間に、JETROの援助を受け、Panasonics, Sumotomo、 Kab、 Anam、 Toyotaなどの数多くのパートナーと協力し、それぞれの契約金総額は、15万米ドルから35万米ドルの価値がある。
 
文:チャン・ヴァン(Tran Van)
写真:タイン・ザン(Thanh Giang)