22/01/2015 10:54 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、FDIの集中を強化

10月、ベトナムのバックニン省はベトナム-シンガポール工業団地において、「FDIの日」と題されたフォーラムを開催した。ベトナムの北部の200社の、FDIの企業が、同フォーラムに参加したことは、潜在力の有る、安定した市場のベトナムに対して、投資家の関心を表わした。
同フォーラムは在ベトナムFDI工場を管理する機関はマクロ経済の情勢、ベトナムの投資環境、ベトナムのFDIへの資金と政策について討論した。

現在、FDIはベトナムの経済発展において、重要な役割を果たしている。ベトナムは経済の枠組みのアウトプレースメントを促進し、経済と社会が発展し、海外市場へ参入するため、外国からの投資の誘致を重視している。2014年4月、ベトナムへの外国からの投資のプロジェクトは、16,300件に達し、総金額は、2400億米ドルとなる。

2014年の最初の9ヶ月の中、外国からの投資家による投資金額は118億米ドルであった。工業については、2015年までの工業発展の戦略と2035年までのビジョンを設立する方法を作り出した。

(EU)、カナダ、ロシア、日本、中国、韓国などと多くのFTAを調印する交渉を実施している。2015年でASEAN経済共同体を設立することは、ベトナムがASEANの加盟国の経済を連結する仲介となる要素である。 

ベトナムの北部の地域における200のFDIの工場の代表者は「FDI集会の日」と題されたフォーラムに参加した。
撮影:トン・ハイ

FDIが集中しているバックニン省の工業団地を訪問しているベトナムのホアン・チュン・ハイ副首相。
撮影:資料

VCCI(一般財団法)協会の副会長であるドアン・ズイ・クオン博士はFDIがベトナムを優先し、ベトナムが外国の投資家に対して誘致的な行き先であると述べた。
撮影:トン・ハイ

ATC株式会社のTang Weng Fie取締役は「シンガポールはATCがベトナムへ投資を重視することを期待しています。」と述べた。
撮影:トン・ハイ                             
バック・ニン省VSIP工業団地。
撮影:トン・ハイ

Samsung, NokiaなどのFDIの工場が集中しているバックニン工業団地。
撮影:資料

ベトナムのヴィン・フック省におけるPiaggioバイクを組み立てる工場。
撮影:ホアン・ハ

電子部品を生産は、ベトナムのバックニン省における工業団地のメリットである。
撮影:資料

バックニン省の人民委員会のグエン・ニャン・チエン会長はFDIがバックニン省の経済、社会発展の事業の中で、重要な役割を果たしている。

2014年、FDIの投資家による、80億米ドルの投資金で、510件のプロジェクトがあった。
フォーラムの席で、VCCI(一般財団法)協会の副会長であるドアン・ズイ・クオン博士は、この10ヶ月間、ベトナムへのFDIの投資金が増え、登録資金は、105億ドンである。ベトナムへのプロジェクトが増えることは、ベトナムへの投資の環境を確認した。

ベトナム政府は外国からの投資を促進するために、投資の法律、企業の法律についての政策を作成し、行政手続きの簡素化について、ベトナムの企業と政府の対話を促進している。行政手続きにかかる時間は537時間から201時間まで減った。FDIを誘致している164カ国の中、ベトナムが9番目の国である。

シンガポールのATC株式会社のTang Weng Fie取締役は「私たちは、バックニン省にベトナム工業貿易団地を投資しました。当社はベトナムへ投資する投資家を顧問しています。当社も各企業が全世界の消費者につながる市場への援助をベトナムの政府の仲介で行っています。」と述べた。
文:ビック・ヴァン
撮影:トン・ハイ、ホアン・ハと資料