24/10/2017 17:48 GMT+7 Email Print Like 0

ハノイ、フンエン省と協力し農産物を供給

ハノイの1千万人に「安全で安心できる」農産物を供給するために、ハノイの農業はフンエン省と協力し、供給地区を拡大する。フンエン省の農産物である竜眼、バナナ、野菜などはハノイのスーパーで販売され、ハノイの市民に人気がある。
この数年間、フンエン省は現代的なハイテクを使用した農業を重視し、VietGAPの標準に達する農産物を作り出した。フンエン省の伝統的な多くの農産物は多くの人に人気があり、各省や地域に供給されている。

竜眼はフンエン省の農産物の中の主要な製品であり、省の155haの面積でVietGAPの標準に基づき竜眼を栽培している。その中、アメリカへ輸出する竜眼の栽培地はホンナム集落とハムトゥ集落である。フンエン省の竜眼の生産地であるフンエン市、コアイチャウ県、ティエンル県、キムドン県は科学技術省のベトナム国家知的財産庁から登録証明書が発行された。

竜眼の他、バナナもフンエン省の第2の潜在力のある果物であり、面積2000haの土地で栽培される。毎年、45,000トンのバナナが生産される。

フンエン省の野菜の栽培面積は13,000haである。毎年23万トンの野菜が栽培生産される。

現在、アメリカへ輸出される竜眼の栽培地はホンナム集落とハムトゥ集落である。
撮影:ホアン・ハ


フンエン市、ティエンルー県、キムドンにおける竜眼の栽培面積は155haである。
撮影:ホアン・ハ


フンエン省フークー県タムダー集落、ミンティエン集落におけるライチの栽培面積は500haである。
撮影:ファム・キエン



前はフンエン省-ヴァンザン県だけで栽培されていたグァバの実は、現在はフンエン省の全域で栽培されている。
撮影:ファム・キエン


四季のレモンを栽培することは農民たちの生活を改善させている。
撮影:ファム・キエン



様々な野菜がフンエン省で栽培されている。
撮影:ホアン・ハ



フンエン省は稲作に機械の導入を促進している。
撮影:ファム・キエン


ホン川で魚を養殖することはフンエン省の水産業の新たな発展の方向である。
撮影:ファム・キエン


旧暦の2月、3月は蜂蜜を集めるシーズンである。
撮影:ファム・キエン

 

農業に潜在力があるため、ハノイの農業の代表者と農産物を配分する企業と会談する時、フン・イエン省の協同組合、企業と農産物を生産する世帯はハノイでフン・イエン省の製品を販売すると期待した。

フンエン省の農業の潜在力について、ハノイ農業と農村開発局のダン副局長は「現在ハノイは1千万人以上の人口で、農業の生産能力が人口に対し需要の30パーセント~60パーセントである。そのため、毎年、ハノイはフンエン省をはじめ、各省の農村と協力し、農産物の配分を促進させている。

国際貿易株式会社タンロンBig Cスーパーは「2017年フンエン省竜眼週間」と題されたプログラムを行い、ハノイの市民にベトナムの農産物を紹介する。
2017年8月でフンエン省で行われる「商品の消費拡大について協力し、ベトナム産の供給活動の促進、生産企業と配分業者との結合の援助」と題された会議において、ハノイにおける多くの企業はフンエン省で市場を視察市し、品質のよい品をハノイで販売促進する。


今まで、Safelife株式会社、アンヴィエット株式会社などのハノイの多くの企業は農業生産地の農民たちと協力し、安全な野菜、食品などをハノイのスーパー、食品の店などに配分している。


2017年8月でフンエン省で「商品の消費について協力し、
ベトナム製を供給する活動を促進し、生産企業と配分業者の協力体制を援助する」と題された会議が行われた。
撮影:ホアン・ハ



Safelife株式会社は、ハノイのスーパー、店、レストランなどに安全で安心な有機野菜を供給する
撮影:ホアン・ハ



安心、安全な野菜の包装
撮影:ホアン・ハ



ハノイのスーパーで販売されるフンエン省の安全で安心できる野菜
撮影:ホアン・ハ

 
文:トゥック・ヒエン
撮影:ホアン・ハー、ファム・キエン