02/02/2015 10:52 GMT+7 Email Print Like 0

バックニンVSIP(ベトナム・シンガポール工業地区)の外資誘致戦略

バックニン省におけるVSIP工業地区は、ベトナムにおける最大の企業数がある工業地区になっている。バックニンVSIPは、電子・機械・自動車分野などに関する約200社の投資家を誘致する予定である。
バックニンVSIP開発は、2007年に、起工され、700ヘクタールの敷地面積で、工業地区の面積は500ヘクタールあり、市街とサービス地域の面積は200ヘクタールに達する。バックニンVSIPの投資金は20億米ドルに達し、バックニンVSIPは、5万人の労働者のために、雇用を創出する予定である。

現在、バックニンVSIPは、第一期の投資段階にある。バックニン省におけるベトナム・シンガポール工業地区は、日本、台湾、韓国、シンガポール、アメリカなどの国からの51社の投資家を誘致した。Microsoft、Suntrory PepsiCo、Foster、 Mapletree、Nittanなどの大きな企業グループは同工業地区に投資した。同工業地区では、約2万人の労働者を誘致し、バックニン省のFDI資金の18%を占める。バックニンVSIPのお客は世界の23ヶ国に及ぶ。
2007年に行われたバックニンVSIPの起工式においては、Goh Chok Tongシンガポールの高官は「バックニンVSIPは、シンガポールの代表的な、基準、モデルに基づいた工業地区であるばかりでなく、市街も含みます。これは、ベトナムの都市化、発展事業に貢献を果たします。」と言った。ホアン・チュン・ハイ副首相は「バックニンVSIPは、ベトナム・シンガポール間の友好協力のシンボルです」と言った。


バックニンVSIP に建設されているアー・チォウ(A Chau)貿易都市開発有限責任会社のアー・チォウ貿易都市プロジェクト模型。

バック・ニン(VSIP におけるMicrosoft グループの携帯電話生産工場。撮影:資料。

数多くの外国の会社は、生産規模を引き続き拡大する。  撮影:トン・ハイ
バックニンVSIP におけるDearm Tech 会社  。撮影:トン・ハイ
バックニンVSIP におけるベトナムNittan 会社の現代的な生産ライン。撮影:トン・ハイ
バックニンVSIP における各工場の生産を確保する電気システム。撮影:トン・ハイ
バックニンVSIP におけるNokia 工場の工員たち。撮影:資料。

バックニンVSIPにおいては、銀行、レストラン、22kvの電力ネットワーク、1日当たり供給量1万立方メートルの2基の給水設備を有する。

Risto Meskus バックニンMicrosoft工場の指導者によると、バックニンVSIP は、よい投資環境があり、現代的なインフラがある。これは、Microsoft社の要求にこたえる。
2014年、ベトナムNittan会社(タイ・日本合弁会社)は、バックニンVSIPに初めて活動する。現代的な生産ライン、優れた人材で、同会社はHonda、Yamahaなどの多くの自動車、バイクの生産会社のために、部品を供給する。
工業生産会社のほかに、バックニンVSIPは、シンガポールのアー・チォウ貿易都市開発有限責任会社(ATC)などの貿易会社がある。現在、ATCはバックニンVSIPに、貿易都市の建設を実施している。
バックニンVSIPのヒュン・クアン・ハイ社長によると、VSIPの投資環境は、投資家のために、よい条件を作り、インフラは現代的である。
国連貿易開発会議(UNCTAD)の統計によると、ベトナムは、アセアン諸国の最大のFDIを誘致する国の第1位にランクされた。
積極的な努力により、ハイバックニンVSIPは、FDIの会社の生産し、ベトナムに、自社のブランド商標の立ち上げを援助する場所である。


VSIPは1994年3月に、ヴォー・ヴァン・キエット元首相によりGoh Chok Tongシンガポール首相に提出されたベトナム・シンガポール間の友好協力の基礎に基づいて、形成された。
ベトナムは、ビンズオン省(2つのVSIP)、バックニン省、ハイフォン市、クアンガイ省における5つのVSIPを所有する。今まで、VSIPは64億米ドルの資本金で、500社の投資家を誘致し、80億米ドルの輸出高で、14万人の労働雇用を創出する。

文:ビック・ヴァン
写真:トン・ハイ