22/06/2015 10:04 GMT+7 Email Print Like 0

トゥア・チュア(Tua Chua)石の高原

トゥア・チュア(Tua Chua)石の高原は、海抜1500メートルで、トークーヌエ(To Cu Nhe)山、チュンコア(Chung Khoa)山、チュンシーセン(Chung Si Seng)山、ヴァンロン(Vang Long)城などの山、城を含む。トゥアチャウ高原は観光客に魅力がある。
ディエンビエン省の中心から130キロメートル離れるトゥアチュア高原の75%は石の山である。トゥアチュア郡の中心から30kmの道程には多くの曲がりくねった道、多くの山、渓谷を渡った。しかし、トゥアチュア高原に到着したとき、私たちは西北の山、森林の素晴らしい風景を見るチャンスがあった。
トゥアチュア高原における山脈はうねった丘を作り出す。この地域の気候はよく、3300人を含む570軒のモン族の家族3,300人の生活は玉蜀黍、稲などの農産物で、生計を立ててきた。
私たちはセオフィン村のハーマック夫婦と水牛が石の山で、耕作するところを見た。ハーマック夫婦と水牛についてのイメージは自然を愛する勤勉なトゥアチュア高原における人間を表現する。

 

トゥアチュア石の高原の一部。
モン族の人たちは石の高原で働き、ここに住む。
トゥアチャウ石の高原は100%モン族の人である。
シンチャイ地域の高原における道。
シンチャイ地域の高原で耕作するモン族の人たち。

石の山に、作物を植える。
ヴァンロン城の石垣一部。

タオ・アー・マン氏と屋根の材料の石。


シンチャイ地域におけるタオ・アー・マン氏の高床式住居

ターフィン地域における高原においては、モンシー族(赤モン族)の人民の村がある。この地域には、特別な高床式住居がある。私たちはタオ・アー・マン氏の家を訪問した。この家の根は石で葺かれている。屋根の石を買う金額は約9千万ドンに達する。
 
私たちはトー・ヴァン・トゥアン氏・トゥア・チュアの農業局副局長とともに、ヴァンロン城の遺跡を訪問した。この遺跡は2世紀以前に建設された。ヴァンロン城の遺跡は歴史・文化に関する価値ある遺跡として評価される。
ヴァンロン城から離れるとき、私たちはトゥアチュア高原を一望できる高い崖を登った。トゥアチュア高原は墨絵のようであった。


文:タオ・ヴィー
写真:ヴィエット・クオン、ホアン・ハー