08/11/2018 10:02 GMT+7 Email Print Like 0

ティエンマー-マダグイ競馬場

活動する1年間後に、ティエンマー-マダグイ競馬場は、ラムドン省ダーファオイ郡、ダーフオアイ町—第4の村に建設され、血統種の競馬を飼育する場所であり、東南アジア最大の規模を持つ競馬場である。
マダグイ競馬場はマダグイ森林エコ観光地(33ヘクタール)内に建設された。この地域における気候は競走馬のよく成長に適している。

自然条件の良いマダグイ競馬場はホーチミン市から150km、ダーラット市から145km離れ、ホーチミン市とダーラット市から近く、国道20号線のそばである。    約70haの広さがあるマダグイ競馬場は、多くの地域を含む。その中、競走馬を訓練する地域、オリンピック、東南アジア競技大会(Sea Games)などのスポーツ大会に出場するための馬術選手の育成する地区があり、競馬場は競走馬を教育し、種馬を販売する役割もある。



マダグイ競馬場はマダグイ森林エコ観光地(33ヘクタール)に建設された。この地域における気候は、
馬の生育と成長に適している。



毎日、馬は朝9時に餌を与える。

馬の食べ物馬は常に清潔である。

馬の食べ物馬は常に清潔である。

馬の蹄を検査し、衛生状態を確保する。


馬に水浴させる地域。


馬の健康を検査する調教師のグエン・タイン・ソン・ラム氏。


技術基準を確保するために、馬具は常に検査される。


馬術選手を訓練するグエン・タイン・ソン・ラム氏


レースの前、競走馬の足を保護するために、足にテーピングをする。


馬主は、レースに出場するために、マダグイ競馬場に馬を連れてくる。

現在、マダグイ競馬場は4つの厩舎があり、オーストラリアから輸入された90頭の血統種の馬を訓練する。マダグイ競馬場で調教される馬は約7歳であり、体高は1,6m~1,65mあり、体重は400㎏から500㎏ある。競走馬は、オーストラリア基準に従って、飼育される。

オーストラリア基準に従って、馬を飼育するマダグイ競馬場


スタートの瞬間。


スタート後に競馬は勢いよく走る。


レースの模様。

レースにおいて、マダグイ競馬場の小高い丘は観覧席になる。


レースの模様。

ゴールする1頭の馬

1つのコンテストで賞を取った馬

マダグイ競馬場は地方観光の強化に貢献を果たし、国内外の観光客を呼び寄せる。同時に、地域の人たちに雇用を創出することにも貢献を果たしている。
文、写真:グエン・ヴー・タイン・ダット(Nguyen Vu Thanh Dat)