14/01/2019 16:46 GMT+7 Email Print Like 0

ソンチャ半島に生息するドゥークラングール

毎年、ベトナムのダナン市のソンチャ半島の森に若葉が芽吹く時、世界で一番素敵な自然環境の中で生息する「女王」ドゥークラングールの群れが、若葉を食べに来る。その姿は多くの写真家と観光客に魅力を与える。
ベトナムのダナン市の広い海、長い川などがある他、最も特別で、印象的な場所がある。それは世界で一番素敵な自然環境の中に棲む「女王」と呼ばれるドゥークラングール棲むソンチャ半島である。

ベトナムにおける、ドゥークラングールは主にゲアン省からコントゥム省まで生息している。専門家によると、特に、ダナン市のソンチャ半島には300匹から400匹が住んでいる。検証されていないソースによると、その数は1300匹になるという。
ベトナムのソンチャ区トクアン区のソンチャ半島は東北から10km離れ、安寧・国防に関する戦略的な位置があるだけでなく、東海側の半島として特別な生態系を持ち、自然の景観の宝庫でもある。

面積4.400haのソンチャの森は、自然森の生態の特徴があり、数100種類の動物、その中、22種類の貴重な動物が生息するベトナム唯一の海に接した場所である。国内外の研究者がソンチャはダナン市の宝物であると言うのも過言ではない。


ソンチャの森は海と面した地形があり、様々な植物があり、空気が美味しく、
ドゥークラングールが生息する理想的な場所である。
撮影:タイン・ホア



4月から6月まで、ソンチャの森は多くの葉が芽吹きドゥークラングールのおいしい食料源になる。
撮影:タイン・ホア



ドゥクラングールは、4月から6月まで咲くフタバガキの花が好物である。
撮影:タイン・ホア



餌を探しているドゥークラングールたち
撮影:タイン・ホア



ダナン市のソンチャの森もドゥークラングールたちを撮影する写真家の人気の場所でもある。
撮影:タイン・ホア

 

毎年、4月から6月まで、森がヨーロッパの秋の森のように赤く色ずく。このシーズンで、5匹から7匹までのドゥークラングールの群は海岸に脇にある山に集まり、木の上で戯れ木の若葉を食べる。多くの木々には紫の花が咲きとても美しい。

日差しが木の葉を抜ける午後、ドゥークラングールは他のどの霊長類にもない五色の毛が目立つ。顔はマルーン色で、鼻はしし鼻、真っ白い髭があるので、よく考え、気難しい賢者と呼ばれる。

ドゥークラングールは,けたたましく鳴く活動的な黄色い猿と違い、やさしく、お道化ている。満腹になると、ドゥークラングールは、高い枝の静かで涼しい枝に、ぶら下がり、ゆっくり休む。その行動が人間の行動に似ている。



 生まれたばかりのドゥークラングールの子は乳を飲むため、ドゥークラングールのお母さんのお腹に抱き着く。
撮影:タイン・ホア



移動する時、ドゥークラングールの子は、本能で母猿にしっかりとしがみつく。
撮影:タイン・ホア



木から木へ移動するドゥークラングールの子。
撮影:タイン・ホア



人の行動と似たドゥークラングールの子の座り方
撮影:タイン・ホア



世界で一番素晴らしい自然環境の中に棲む「女王」のドゥークラングール
撮影:タイン・ホア



ドゥークラングールは、肉は食べなく、繊維質のある若葉を主食とする。
撮影:タイン・ホア



ドゥークラングールは5匹から7匹までの群で過ごす習慣がある。
撮影:タイン・ホア



ドゥークラングールの特徴は毛の色が目立ち、顔に表情がある。
撮影:タイン・ホア



ドゥークラングールの胃袋は大きく、アラミド繊維を含む食べ物を消化するため、お腹が膨らんでいる。
撮影:タイン・ホア



ドゥークラングールの群のボスは雄で、血縁を維持し、群を護る。
撮影:タイン・ホア



ドゥークラングールの習性は朝と夕方に食べ物を探し、昼と夜は高い枝で休む。
撮影:タイン・ホア

 

貴重な特徴のあるドゥークラングールは研究者の関心と自然に人気のある写真家に注目される。

そのため、この数年間で、若葉の季節が来ると、ベトナムの国内の多くの観光客はソンチャ半島へ集まる、ドゥークラングールを見つけ撮影する。


ドゥークラングール(Douc Langur)は、サル目オナガザル科コロブス亜科ドゥクモンキー属の猿であり、1771年科学者に知られ、霊長類の中、毛色が最も目立つな動物であり、国際野生動物保護協会に霊長類の「女王」と呼ばれる。

ドゥークラングールはベトナムとラオス半島の熱帯雨林やモンスーン林に生息する猿で、グループで行動し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストと絶滅のおそれのある野生動植物危惧種の国際取引に関する条約(CITES)のリストに入れた。
 
Thực hiện: Thanh Hoà