26/01/2018 16:59 GMT+7 Email Print Like 0

スアン・バック(Xuan Bach)村における老人のクロッケーチーム

クロッケーは13世紀に出現したフランスの貴族のスポーツであり、欧州諸国に、広くく発展した。現在、ハノイ、ソックソン郡、クアンティエン町、スアンバック村において、老人がプレイするスポーツである。
1996年、ハノイ、ソックソン郡は老人たちの健康維持のために、クロッケーを始めた。それぞれの村を代表する1人はソックソン郡の体育センターでクロッケーの講習を受けた。スアンバック村の老人会のグエン・ヴァン・フアン会長はクロッケー講習会に参加した。


300㎡あるスアンバック村における文化センターの庭で、クロッケーをする老人たち。

クロッケーのプレイは2チームで戦い、1チームは5人である。
撮影:クアン・ロン



クロッケーの玉を打つ道具。撮影:タット・ソン


62歳のグエン・ティー・スアンさんの打ち方。撮影:タット・ソン


クロッケーがスアンバック村で始まったときから、クロッケーをしている88歳のグエン・ティー・ルオンおばあさん。撮影:タット・ソン


スアンバック村のクロッケークラブのリーダーの62歳のグエン・ティー・スアンさんのプレイ。撮影:タット・ソン


プレーをする75歳のドアン・スアン・ホアンさん。撮影:タット・ソン


クロッケーはスアンバック村の老人たちの趣味になった。撮影:タット・ソン


クロッケーはスアンバック村の老人たちの健康に適している。撮影:タット・ソン


クロッケーをプレーする1人の老人。撮影:タット・ソン


プレイの1つの動作。撮影:クアン・ロン


プレーに集中する老人たち。撮影:タット・ソン


クロッケーの審判員。撮影:タット・ソン

「クロッケーをプレーすることは野菜を植えることのようであり、健康によう影響を与え、自分に喜びを与えます。毎日、私はクロッケーをプレーします。」(88歳のグエン・ティー・ルオン女史―ハノイ、ソックソン郡、クアンティエン町、スアンバック村のクロッケークラブのメンバー)
フアン氏によると、練習コースの後に、彼は村民たちがクロッケーをすることを懇願した。最初は少ない人がプレーに参加した。
1998年に、スアンバック村の老人たちは、村にクロッケークラブを設立することを決めました。クロッケーはスアンバック村の老人たちの趣味である主なスポーツになった。この20年間に、クロッケークラブの多くのメンバーは亡くなったが新たなメンバーがクラブに参加した。現在、クロッケークラブには58歳から88歳までの14人のメンバーがいる。


毎日午後クアンティエン町の文化センターの庭は、クロッケーをプレーをする老人たちで賑やかになる。





文、写真:タット・ソン、クアン・ロン