29/01/2015 10:11 GMT+7 Email Print Like 0

サイゴンのロシアの市場

ホーチミン市の中に賑やかなロシアの市場がある。この数年間、ロシアの市場は、ベトナム各企業とロシア連邦との企業間の流通センターになった。同時に、ロシアの市場は、ベトナム人と外国人と交流し合い、文化習慣を理解する場所である。
商人たちによると、ホーチミン市におけるロシアの市場は、総合百貨店会社(第1地区、)により、1989年に生まれた。1991年、ソ連の政治激変により、この市場の活動は止めた。2009年、トンリンザン株式会社はCentral Gardenビル(ヴォー・ヴァン・キエット通り)にロシアの市場を再開した。
現在のロシアの市場は、3階まであり、市場における製品は、多様であり、ファッション製品、服飾品、革鞄、家庭用品などの製品を売る。

Bepaファッション店の所有者グエン・ティ・トゥイ女史は「私はこの24年間に、ロシア、東欧諸国に輸出される服を経営してきました。以前、私は第1地区にある東欧ブティック に、衣服を売りました。ロシアの市場が設立したときから、この市場で経営しています。ロシアの市場は外国人のための大きなサイズの衣服を販売する2つの店があります。ロシア人は親しみやすく、フェアーな人です。」と言った。


ロシア建築特徴があるロシアの市場におけるスパの門。

数多くのファッション製品はロシアの市場に販売される。

ロシアの市場で経営されている製品は多様で、安い製品である。

ロシア市場で、靴を買う外国人の観光客
ロシアの市場のお客は、50%がロシア人である。



ロシアの市場で販売される製品。

ロシアの市場は、ベトナム、ロシア、外国人の冬物製品が中心である。

ロシアの市場で、売られるロシアの特徴がある土産品。

ロシアの市場のスーパーで、売られるロシアの食品。

ロシアの市場のスーパーで、売られるロシアの食品。

ロシアの市場に、売られるロシアの品々。

そのほかに、ロシアの市場は、ロシアとベトナムの料理を出すロシアレストランがある。ロシアの市場は、食品とロシアの特産品を売るミニスーパーがある。グエン・ティー・クアン・ヴァンさん(31歳)-ミニのスーパーの経営者によると、彼女は、ベトナム人、ロシア人、外国人のロシアの食べ物の要求を認識したので、彼女はロシアの食品、ロシアの品物を経営することに決めた。
ホーチミン市に住むロシア人であるNikolai Zhevolz氏は「私は食品と家庭用品を買うために、週末は、ロシアの市場へ常に行きます。私にとって、ロシアの市場は面白い場所です。ロシアの市場に着くと、私は友達、同郷の人と合い、話します。そのほかに、私は親しいベトナム人の商売人と出会い話します。」と言った。

ヴー・アン・ズオン(Vu Anh Duong)ロシアの市場の管理委員会会長は「Ksenia Sukhinova2008年のミスワールドは、2009年5月にホーチミン市におけるロシアの市場を訪問するイベントの後、多くの外国人のロシアの市場を訪問する人が増加しました。現在、ロシアの市場の店は、80店舗から200店舗に増えました。ロシア人、ハンガリー人、ドイツ人、アメリカ人、韓国人、日本人の観光客は、ロシアの市場をよく訪問します。その内、ホーチミン市、バリーヴンタウ省に住むロシア人は、ロシアの市場のお客の50%を占めます。」と言った。

現在、ティエンザン郡、ミートォー市におけるソンティエン観光株式会社はロシアの市場を訪問するツアーを企画している。これはロシアの市場が外国人にベトナムのイメージを紹介するための、観光開発としての潜在力でもある。

文:ドー・ヴァン
写真:
グエン・ルアン(Nguyen Luan)