19/03/2019 11:05 GMT+7 Email Print Like 0

エオゾーにおける平和

エオゾービーチは、ベトナムのビンディン省クイニョン市のニョンリ集落にあり、ニョンホイ交差点を過ぎ、ティナイ橋に到着すると、海の潮の香を感じる。数分歩けば、砂浜とモクマオウの木が目の前に見え、エオゾービーチに到着する。
クイニョン海岸は弓形に湾曲し、エオゾーは海岸の最も遠くにあり、特別な場所である。遊歩道にある展望台に登ると、エオゾーの全体の景色が見渡せる。

エオゾーは、ベトナム語で風を取り入れると言う意味で、他に、女性のウエストの様に見え、太古の特徴がそのままに残っている。


景色を眺望するための遊歩道があるエオゾーのde(デー)岩群
撮影:バー・ゴック



 
古代を感じさせるエオゾー
撮影:バー・ゴック



エオゾーの海
撮影:バー・ゴック



エオゾーで記念撮影する観光客。
撮影:バー・ゴック




エオゾー海岸の苔のシーズン
撮影:バー・ゴック


伝統的な船で漁をする漁師
撮影:バー・ゴック


 

古代からの岩石群は、ゾイ洞窟、キコ洞窟、バゲ洞窟などの洞窟と共に静かな海を守り、貴重な形態を成す。その岩石群の岩は様々な形と色を見せる。ここで、観光客は一つの岩に座り、空などをみたり、苔の生えた岩が観察できる。ここの漁師はプロではないが、素朴で、熱心に観光サービスをしてくれる。



キコ島の海で泳いだり、泉でリラックしたりする。その後、平穏を祈る観音像があるお寺を探索する。



エオゾーで壮大な光景、価値ある時間とおいしい空気など感じることができる。ここで、都市の生活から離れ、自然と世界の本質が体験できる。
文:ファム・トゥイ・ズン
撮影:バ・ゴック