21/05/2015 09:05 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムFunclub-夏におけるサイゴンの若者たちのアミューズメント の場所

ベトナムFunclubスケートクラブはホーチミン市の青年文化ハウス(第1地区、ファン・ゴック・タック通り、4A号)にあり、この5年間、ダイナミックな若者たちの面白いアミューズメント になってきた。
ベトナムFunclubはスケート、剣術、弓術の3つを含む。その中、スケートクラブはアン・ホアン氏により設立されたホーチミン市の唯一のスケートリンクである。
ベトナムは熱帯気候があるので、ベトナムFunclubスケートクラブはアメリカから輸入した製氷機を使用する。ローラー・スケート靴、ヘルメットなどの各用具なども外国から輸入される。ベトナムFunclubスケートクラブのガイドグエン・ホアン・ナム氏によると、この競技は難しいではいなく、お客はこのゲームにはじめて参加すると、数分間で、基盤的な動作を覚えられ、ゲームに参加できる。4回~5回スケートすると、より難しい動作ができる。


ベトナムFunclubスケートクラブは人気がある


スケートすることを準備するために、スケート靴を着る1人の少女。
スケートする人の安全を確保するためのアメリカのスケート靴。

コーチにより熱心に基盤的な動作を習う人たち。

コーチにより動作を教えられる1人の女性。


空中動作。


スケートする21歳のグエン・タン・ハイ大学の学生。


スケートする若者たちの喜び。

スケートは多くの複雑な回転動作を含む。初めは各基盤的な動作を理解した後、自分の独自の動作ができる。スケートすることは健康にも良い。
タンビン地区に住む20歳のチュオン・ヴァン・クオンさんによると、ベトナムFunClubに2ヶ月間参加したので、パターンゲームに参加したので、自分独自の動作をスケートゲームに応用できる。21歳のグエン・タン・ハイさんは、この2年間、スケートクラブに参加し、コーチたちの熱心な指導で、複雑なスケーティングができる。今まで、ハイさんは多くの若者に、スケート方法を教える。
男性の若者だけでなく、多くの女性は急がしい仕事の後におけるストレスを解消するために、FunClubにおけるスケートゲームに参加する。ビンタイン地区に住む22歳のチャン・ファン・ヌー・イーさんは「スケートに初めて参加するとき、私はスケートの難しさに困惑しました。しかし、今では面白さを感じます。特に、夏は、私の友達と常にスケートに行きます。」と言った。


スケートのほかに、ベトナムFunclubはホッケーも有る。ホッケーは面白いスポーツである。


ホッケーに参加する若者たちに、ヘルメットの着用方法を教えている。
ホッケーに参加する人はヘルメット、スケート靴、プロテクターを着ける。



ホッケーゲームに参加する若者たち。


ホッケーゲームは数多くの若者に人気がある。

夏は暑いが、スケートは涼しさを与える(スケート場の室温は10度~20度である)。それで、若者たちはスケートに興味を持つ。ベトナムFunClubは適度にリラックスできる 場所であり、ホーチミン市民たちの娯楽の要求にこたえる。
文:ソン・ギー
 
撮影:グエン・ルアン