09/09/2019 00:06 GMT+7 Email Print Like 0

VINAFOAM-泡消火液を輸出する会社

VINAFOAM-泡消火液トレードマークは環境に適合性があり、欧州基準に達し、アジア―太平洋地域における10か国の代理店となった。
VINAFOAM工場はVSIP ・ハイズオン工業地区で、2018年に、敷地1万haに建設された。VINAFOAM工場は600万米ドルが投資され、東南アジアの最も現代的な工場として評価される。VINAFOAM工場の各技術者はよい専門がある若い人である。
起業するにおいて、グエン・タイン・トゥアン氏・VINAFOAM 会社社長は「私はVINAFOAM 社の若い社員と共に、消火に応用し、環境に優しく、良品質で消防士の安全を確保し、共同体の健康を保護するために、泡消火液を生産することを希望しました。」と言った。


欧州基準のVINAFOAM-泡消火液の生産工場はハイズオンVSIP工業地区に落成され、稼動する。

VINAFOAM-消火泡生産工場の落成式


VINAFOAM-泡消火液生産工場の現代的な試験室。


VINAFOAM-泡消火液生産工場の泡の消火力を研究する現代的な設備。

泡消火液を研究し、試験した2年後に、泡消火液はVINAFOAM工場で生産され、EN 1568: 2018、ICAO、 IMO、LASTFIRE 基準などの国際基準に達する。

VINAFOAM泡消火液会社はアジア・太平洋における10か国の取次店を開設し、フィリピン、マレーシア、日本などの各国に輸出する。
消防・救助警察局局長ドアン・ヴィエット・マイン氏によると、VINAFOAM 会社は各産業、倉庫、都市、石油およびガス開発、石炭開発、石油化学産業、海洋、航空、輸送、消防などの分野における火災を防止するために、濃厚な消火泡を生産し、供給する。



消火試験室で、泡消火器の泡の質を検査するVinaFoam会社の各技術者。


VinaFoam工場の原料を蓄積する地域。


環境に影響を与えなく、火災を防止するVinaFoam泡消火液。

EN 1568: 2018、ICAO 基準などの国際基準に達するVinaFoam泡消火液の原液。


Kurt Frankenberger 氏-フィリピンのWindshear グループの社長によると、Windshear グループは4千リットルの消火の液を注文し、VinaFoam会社の泡消火の取次店ネットワークに加盟したアジア・太平洋地域の最初のグループの一つである。Ông
VINAFOAM会社はアメリカ、欧州諸国に泡消火の液を輸出する予定である。

 

文:ビック・ヴァン

写真:ヴィエット・クオン


他の記事